1. TOP
  2. 英語のイメージ
  3. 動詞「say」の意味と使い方!英語のイメージを掴んで英会話の幅を広げよう!
Sponsored Link

動詞「say」の意味と使い方!英語のイメージを掴んで英会話の幅を広げよう!

 

 

動詞の「say」と言えば、一般的には「言う」という意味でお馴染みですよね?

実際、動詞「say」は日本語で言うところの「言う」という意味で使われていますが、それは「say」のイメージから生みだされた意味の1つにすぎません。では、他に「say」には、どのような使い方があるのでしょうか?

今回の記事では「sayのイメージと正しい使い方」を解説していきます。

 

 

Sponsored Link

「sayのイメージ」

 

 

まず、「say」のイメージですが「言葉や文を口に出して言う」になります。

この「言葉や文を口に出して言う」のイメージから、よく使われる「言う」という意味が生まれています。動詞「say」に宿る「言葉や文を口に出して言う」というイメージですが、実際に口に出しているか否かは関係ありません。そういう感覚があれば使うことができます。

また、動詞「say」は「言うという動作」ではなく「言っている内容(中身)に焦点が当たっている」というのも重要なポイントに1つです。

 

では、動詞「say」を使った例文を見ながらイメージを落とし込んでいきましょう。

・He said something.
・彼は何かを言った

⇒「相手が言った内容」に焦点が当たっている

・I’ll say no more.
・もう何も言わない

⇒「相手が何も言わない」と言ったことに焦点が当たっている

・I said “No” to him.
・私は彼にノーと言った

⇒「相手が言った内容(ノー)」に焦点が当たっている

このように、動詞「say」は「言葉や文を口に出して言う」というイメージなので、訳語は「言う」になることが多いですが、実は動作自体ではなく「主語が言った内容」に焦点が当たる動詞です。

 

 

「sayの使い方(基本編)」

 

 

ここからは、動詞「say」の本来のイメージ「言葉や文を口に出して言う(中身に焦点)」を意識して、簡単な例文を見ながら「正しい使い方」を理解していきましょう。

 

say(言う・述べる)

・I’m not saying that.
・私はそんなこと言っているのではありません

⇒「相手が言った内容」に焦点が当たっている

・Say something!
・何か言ってよ

⇒「相手の言葉の内容(何か)」に焦点が当たっている

・I knew you would say that.
・君はそう言うと思った

⇒「相手の言った内容」に焦点が当たっている

 

say(書いてある)

・What does it say?
・なんて書いてあるの?

⇒「書いてある内容」に焦点が当たっている

・This book says that this restaurant is most poplar in the city.
・この本には、このレストランが市内で最も人気があると書かれています

⇒「書いてある内容」に焦点が当たっている

・The report says that the sales of this quarter weren’t good.
・レポートによるとこの四半期のセールスは良くないです
⇒「書いてある内容」に焦点が当たっている

 

say(示す・表す)

・The clock says noon.
・時計は正午を示している

⇒「時計が示している時間」に焦点が当たっている

・Her smile says she is really angry.
・彼女の笑顔が彼女の怒っているのを表している

⇒「彼女の感情」に焦点が当たっている

・The wether forecast says it will snow tomorrow.
・天気予報によると明日は雪らしい

⇒「天気予報の内容(明日の天気)」に焦点が当たっている

 

このように動詞「say」には「言葉や文を口に出して言う(中身に焦点)」というイメージがあるため、訳語的に「言う」にならない場合でも、「主語が言っている内容」に焦点が当たっている場合は使うことができ、状況に応じて「書いてある」「示す・表す」などの意味になります。

 

 

「say・speak・talk・tell」の違い

 

 

他にも「言う」に近い意味で使われる動詞として「speak」や「talk」や「tell」があります。意味だけにフォーカスして考えるとニュアンスがわかりづらいですが、実際には以下のように微妙に感覚が異なります。

 

●「say」「speak」「talk」「tell」のニュアンスの違い
・「say」言葉や文を口に出して言う(内容に焦点がある)
・「speak」声を出してモノを言う(一方的に声を出している)
・「talk」会話をする(コミュニケーション)
・「tell」誰かに何かの情報を伝える(伝達)

 

動詞「say」は「言葉や文を口に出して言う」という感覚で「言う動作よりも言った内容に焦点が当たる動詞」です。また「speak」は「声を出してモノを言う」という感覚なので「ただ口から声を出している」だけの一方通行のニュアンスです。

そして「talk」は「会話をする」という感覚なので「言葉のキャッチボール(コミュニケーション)」のニュアンスがあり、最後の「tell」は「誰かに何かの情報を伝える」という感覚なので「伝達」のニュアンスになります。

 

 

・I said “NO” to the goverment.
・私は政府に「ノー」と言った
⇒「言っている内容(ノー)」に焦点がある

・He is speaking in front of everyone.
・彼はみんなの前で話しています
⇒みんなの前で一方的に話をしているニュアンス

・She is talking with neighbours.
・彼女はご近所さんと話している
⇒ご近所さん同士で会話をしているニュアンス

・The TV SHOW told us truth.
・そのテレビ番組は私たちに真実を伝えました
⇒テレビ番組から情報を伝えられたニュアンス

学校の授業では「話す」に関連付けられて習った単語ですが、全くニュアンスが異なります。

 

「say」を使った例文

・What did you say?
・何て言ったの?
⇒「相手が言った内容」に焦点が当たっている

・You say one thing but do another.
・君は言うこととやることが違う
⇒「相手が言った内容」に焦点が当たっている

動詞「say」は「言葉や文を口に出して言う」という感覚で「言う動作よりも言った内容に焦点が当たる動詞」です。

 

「speak」を使った例文

・Do you speak English?
・あなたは英語を話せますか?
⇒英語を出すことができるか尋ねているイメージ

・The newspaper speaks to a lot of people.
・新聞は大勢の人に語りかけている
⇒新聞が大勢の人に向けて話しているイメージ

動詞「speak」は「声を出してモノを言う」という感覚なので「ただ口から声を出している」だけの一方通行のニュアンスです。

こちらも注目 ⇒ 動詞「speak」のイメージと使い方

 

「talk」を使った例文

・We talked on the phone.
・私たちは電話で話をしました
⇒私たちが電話で会話をしていたイメージ

・What are you talking about?
・何の話をしているの?
⇒今話している会話を尋ねるイメージ

動詞「talk」は「会話をする」という感覚なので「言葉のキャッチボール(コミュニケーション)」のニュアンスです。

こちらも注目 ⇒ 動詞「talk」のイメージと使い方

 

「tell」を使った例文

・Don’t tell anybody.
・誰にも言うなよ
⇒誰にも情報を伝えるなと言ったイメージ

・I have something to tell you.
・伝えたいことがあるんだ
⇒相手に伝えたい情報があると言ったイメージ

動詞「tell」は「誰かに何かの情報を伝える」という感覚なので「伝達」のニュアンスになります。

こちらも注目 ⇒ 動詞「tell」のイメージと使い方

 

 

「間接話法と直接話法」

 

 

さて、そんな動詞「say」ですが、文の形として「直接話法」と「間接話法」を使うことができます。

・直接話法 ⇒ 話された言葉を第三者にそのまま伝える
・間接話法 ⇒ 話された言葉を自分の言葉に言い換えて第三者に伝える

どちらの話法を使っても内容自体に差はないのですが「間接話法」を使う場合は「時制の一致」を意識しなければいけません。

●直接話法を使った例文(時制に注目)

・She said, “I‘m hungry.”
・彼女は「お腹が空いている」と言った
・She said, “I saw him.”
・彼女は「彼を見た」と言った

●間接話法を使った例文(時制に注目)

・She said (that) he was hungry.
・彼女はお腹が空いていると言った
・She said (that) she had seen him.
・彼女は彼を見たと言った

なんか難しく感じますが、一般的に「間接会話における時制は、直接話法の時制の1つ前の時制を採用すること」になります。ただし「伝達動詞(say)が現在形の場合」や「話された言葉の内容が現在も真実である場合」は時制を1つ前にする必要はありません。

 

 

「動画で復習しよう」

 

 

いかがでしたか?「sayのイメージ」は掴めましたでしょうか?

動詞「say」は一般的には「言う」という意味で使われていますが、それは根本のイメージである「言葉や文を口に出して言う」から派生した意味になります。この動詞「say」は「言うという動作」ではなく「言っていることの中身」、つまり「言っている内容(中身)に焦点が当たっている」というのがポイントの動詞です。

似たような意味の動詞として「speak, talk, tell」がありますが、ニュアンスが異なるので注意しましょう。

 

 

【学校では教えてくれない英語のイメージを知りたい方へ】

 

 

英語の本来のイメージを『ネイティブ感覚インストール講座』にてお伝えしております。当サイトではお伝えしていない内容も動画で配信中。  
 
オリジナル英会話教材 ⇒ ネイティブ感覚インストール講座   
 
長い間英語を勉強してきて、英単語もたくさん覚えてきたはずなのに、「英語を話す際に言葉に詰まってしまう」、そんなお悩みがある方にお薦めの講座です。ご興味のある方はぜひご覧ください。   
  
  
 
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

英語チャンネルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語チャンネルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

  • 動詞「make」の意味と使い方!英語のイメージを掴んで英会話の幅を広げよう!

  • これで完璧!前置詞「under」の3つの意味と使い方!英語のイメージで表現の幅を広げよう!

  • これで完璧!前置詞「of」の5つの意味と使い方!英語のイメージで表現の幅を広げよう!

  • これで完璧!前置詞「against」の4つの意味と使い方!英語のイメージで表現の幅を広げよう!

  • 動詞「let」の意味と使い方!英語のイメージを掴んで英会話の幅を広げよう!

  • これで完璧!前置詞「over」の3つの意味と使い方!英語のイメージで表現の幅を広げよう!