1. TOP
  2. トラベル英会話
  3. 英語が苦手でも安心!入国審査の質問に答えよう!海外旅行で使えるトラベル英会話!
Sponsored Link

英語が苦手でも安心!入国審査の質問に答えよう!海外旅行で使えるトラベル英会話!

トラベル英会話
この記事は約 9 分で読めます。

 

 

今回は、英語が苦手な人でも安心の「入国審査の英語表現」です。

海外旅行の際に、ほぼ確実に英語を使うのが「入国審査」ですよね?普段から旅慣れている人ならば、一通りの流れもご存知だと思うのですが、慣れていない人にとっては緊張の一瞬です。最近では、テロや不法滞在対策で入国審査も厳しくなっていますし、なんとなく高圧的な審査官もいたりします。

そこで、今回は、英語に自信がない方でも安心の「入国審査で使える英語表現」をご紹介します。

 

Sponsored Link

「入国審査の流れと必要なモノ」

まずは、英語のフレーズの前に「入国審査の流れ」を見ていきましょう。

入国審査は、以下の流れで行われることが多いです。

1.パスポートの提示(本人確認)
2.入国の目的を聞かれる
3.滞在期間を聞かれる
4.滞在先を聞かれる
5.職業を聞かれる
6.帰りのチケットの有無

空港に到着して飛行機から降りたら、最初に向かうのが入国審査場です。入国審査場は基本的に飛行機から降りたら一本道ですし、「Immigration control」または「Passport control」と書かれていますので、迷うことはないと思います。

さて、そんな入国審査場なのですが、多くの場合、列が2つあります。1つ目が「Residential / Residents(在住者用)」で、2つ目が「Foreign / Foreigner / Tourlist / NonResidents / Foreign Passport(旅行者用)」です。

ほとんどの場合、旅行者用の列が長くなっているはずなので、確認して旅行者用の列に並びましょう。

 

つづいて、入国審査に必要なモノですが

1.パスポート
2.飛行機の搭乗券
3.ビザ(国による)
4.出入国カード(国による)などです。

ビザ(査証)は、現地へ向かう前に、あらかじめ取っておく必要がある国もありますので、調べて大使館などで入手しておきましょう。

尚、出入国カードは、機内で渡される紙で「名前、生年月日、住所、国籍、パスポート番号、搭乗地、到着便、滞在先、持ち物に関する質問などを記入する紙」です。機内で渡されなかった場合は、空港に置いてあるので、そこで書くこともできます。

では、それらを踏まえて「入国審査の受け答え」の英語表現を見ていきましょう。

 

「パスポートの提示と本人確認(入国審査の英語)」

最初の入国審査の質問は「パスポートの提示」です。

前の人の審査が終わると「Next(次の人)」と呼ばれるので、入国審査官の前に行き質問に答えます。最初に聞かれる質問が「May I see your passport? / Passport please.(パスポートを見せて下さい)」です。

その際、無言で渡しても良いですが「Here you are. / Right here.(どうぞ)」と言って、渡しましょう。

尚、入国審査官がパスポートの確認を終えると、国によっては「カメラで本人確認」や「指紋を取る」ことがありますので、指示に従って、カメラを見たり、センサーに指を置きましょう。

●「パスポートの提示(入国審査)」
・審査官 : May I see your passport?
・審査官 : パスポートを見せて下さい
・旅行者 : Here you are.
・旅行者 : どうぞ

 

「入国の目的の答え方(入国審査の英語)」

つづいての入国審査の質問は「入国の目的」です。

入国審査官がパスポートのチェックを終えると、次に聞かれる質問が「入国の目的」です。具体的には「What’s the purpose of your visit? / What brings you here?(入国の目的は何ですか?)」です。

この質問は、必ず聞かれるので「答え」を用意しておきましょう。

基本的には、以下の目的が多いですね。

・For sightseeing.(観光です)
・On business.(仕事です)
・To study.(留学です)
・On vacation.(休暇です)
・To visit my friend.(友人に会いに来ました)

また、入国審査官によっては、最初から「Are you here for business or pleasure?(仕事で来ましたか?それとも遊びで来ましたか?)」や「Business or sightseeing.(仕事?それとも観光?)」のように具体的な質問をしてくる人もいます。

そんな時も「For sightseeing.(観光です)/ On business.(仕事です)」のように答えましょう。

●「入国の目的(入国審査)」
・審査官 : What’s the purpose of your visit?
・審査官 : 入国の目的は何ですか?
・旅行者 : For sightseeing.
・旅行者 : 観光です

 

「滞在期間の答え方(入国審査の英語)」

つづいての入国審査の質問は「滞在期間」です。

入国の目的を答えると、次に聞かれる質問が「滞在期間」です。具体的には「How long will you stay in this country? / How long are you going to stay?(どれくらい滞在しますか?)」です。

この質問も、必ず聞かれるので「答え」を用意しておきましょう。

・One week.(1週間です)
・Two week.(2週間です)
・For 3 days.(3日間です)
・A month.(1か月です)

滞在期間は、人それぞれですので「答え」は様々ですね。

尚、実際には「滞在期間を決めていない気ままな旅」でも、滞在期間は答えた方が良いです。そうしないと余計な質問をされたり、場合によっては入国審査が厳しくなりますので、嘘でも「帰る日」は伝えるようにしましょう。

●「滞在期間(入国審査)」
・審査官 : How long are you going to stay?
・審査官 : どれくらい滞在しますか?
・旅行者 : For a week.
・旅行者 : 1週間です

 

「滞在先の答え方(入国審査の英語)」

つづいての入国審査の質問は「滞在先」です。

滞在期間を答えると、次に聞かれる質問が「滞在先」です。具体的には「Where are you going to stay?(どこに滞在しますか?)」です。

この質問は、聞かれることが多いので「答え」を用意しておきましょう。

・At ABC hotel.(ABCホテルです)
・My friend’s house.(友人の家です)

滞在先も、人それぞれですので「答え」は様々ですね。

場合によっては「What address will you be staying at?(滞在先の住所は?)」と聞かれることもあります。そんな時のために住所をメモしておくのも手です。仮に滞在先が決まっていなかった場合は、こちらも嘘でもいいので、必ず「具体的な場所」を答えるようにしましょう。

●「滞在先(入国審査)」
・審査官 : Where are you going to stay?
・審査官 : どこに滞在しますか?
・旅行者 : At ABC hotel.
・旅行者 : ABCホテルです

 

「職業の答え方(入国審査の英語)」

つづいての入国審査の質問は「職業」です。

滞在期間を答えると、次に聞かれる質問が「職業」です。具体的には「What’s your occupation?(あなたの職業は何ですか?)」のように聞かれますが、この質問に関しては、聞かれることは少ないです。

答え方としては

・I’m a student.(学生です)
・I’m self-employed.(自営業です)
・I’m a public worker.(公務員です)
・I’m an engineer.(エンジニアです)
・I’m an office worker.(会社員です)

職業も、人それぞれですので「答え」は様々ですね。

職業について答える際に注意したいのが「和製英語」です。例えば「サラリーマン」や「OL」などは「和製英語」ですので通じません。なので、そういう場合は「I’m an office worker.(会社員です)」と答えましょう。

●「職業(入国審査)」
・審査官 : What’s your occupation?
・審査官 : あなたの職業は何ですか?
・旅行者 : I’m an office worker.
・旅行者 : 会社員です

 

「帰りのチケットの有無(入国審査の英語)」

つづいての入国審査の質問は「帰りのチケットの有無」です。

職業を答えると、次に聞かれる質問が「帰りのチケットの有無」です。具体的には「Do you have a return ticket?(帰りのチケットは持ってますか?)」のように聞かれますが、この質問は、聞かれることは少ないです。

答え方は以下のとおりです

・Yes, here you are.(はい、これです)
・No. I will buy one before leaving.(いいえ、帰りに買います)

持っている場合は、パスポートの時と同じように渡します。持っていない場合は「帰る前に買う」と伝えれば良いですが、滞在期間の質問の際に「ハッキリと期間を答えていない」と、面倒なことになることが少なくありません。

なので、できればチケットを用意しておくに越したことはないですが、用意していないのであれば、それまでの審査の質問には、できるだけ具体的に答えておきましょう。

●「帰りのチケットの有無(入国審査)」
・審査官 : Do you have a return ticket?
・審査官 : 帰りのチケットは持ってますか?
・旅行者 : Right here.
・旅行者 : どうぞ

 

「動画で復習しよう」

 

いかがでしたでしょうか?

英語に自信がなく、海外旅行に慣れていないと、入国審査は不安ですが、聞かれる質問自体はシンプルですし、滞在先などはメモを用意しておけば問題ありません。

また、入国審査官は、審査官という立場から、高圧的な感じの人も少なくありません。ですが、彼らも仕事でやっていますので、気にしないようにしましょう。

尚、バックパッカーなどの気ままな旅をする人も、初日の滞在先だけは、実際に泊まると決めていなくても、調べておくのが無難です。特に不法滞在者の多い国では、審査が厳しいので注意してくださいね。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

英語チャンネルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語チャンネルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

記事投稿者紹介 記事投稿者一覧

永沢りょうこ

永沢りょうこ

英語コーチの永沢りょうこです。中高英語教員免許保有。留学なしで英検1級 TOEIC965点!訳学校講師経験あり。初中級英会話・ビジネス英語・TOEIC対策などを指導しています。映画やドラマなどの翻訳家として培った「口語表現」や「自然な英語表現」を交え、英語だけでなく学習に対するモチベーション維持から、時間管理や体調管理まで幅広く指導を行っています。

関連記事

  • 英語で会話が続かない時は?外国人とのスモールトークで話題を広げる秘訣!

  • 英語で機内でのトラブルを解決!旅先で使えるトラベル英会話!

  • レストランの予約や注文!受け答えと会計の英語表現!旅で役立つトラベル英会話!

  • 空港の乗り継ぎ時の英語表現!乗り遅れたらどうする?旅行で使えるトラベル英会話!

  • ホテルのチェックイン&荷物を預ける際の英語表現!旅行で役立つトラベル英会話!

  • 海外旅行で両替したい時の英語表現!困った時に使えるトラベル英会話!