1. TOP
  2. 英語のイメージ
  3. be動詞の句動詞や熟語18選!よく使われる英語表現や例文(フレーズ)まとめ!
Sponsored Link

be動詞の句動詞や熟語18選!よく使われる英語表現や例文(フレーズ)まとめ!

 

 

今回の記事では「be動詞の句動詞や熟語やフレーズ」をまとめてみました!

英語は主語と動詞が基本のルールですが、実際の会話では動詞単体でだけではなく、動詞と副詞など結びついた句動詞や熟語、イディオムやフレーズなどの英語表現が多く使われています。

そこで、今回の記事では「be動詞を使った英語表現を例文付き」で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

Sponsored Link

この記事の目次

be動詞のイメージ

 

 

be動詞のイメージは「○○の範囲内にある」です。

そのイメージから、be動詞の後ろに名前を置けば「主語の名前」、年齢を置けば「主語の年齢」、美しいなどの形容詞を置けば「主語の様態」などを表現することができます。

また、主語の状態だけでなく、場所などを表す副詞を置けば「主語がいる場所」も表現することができます。

 

●状態のbe動詞

・He is drunk.
・彼は酔っ払っている。
⇒彼は酔っ払うという状態にある

・She is an English teacher.
・彼女は英語の教師です。
⇒彼女は英語の教師という状態にある

 

●存在のbe動詞

・He is in my room.
・彼は私の部屋にいる。
⇒彼が私の部屋の中にある(状態⇒存在)

・The apple pie is on the table.
・そのアップルパイはテーブルの上にある。
⇒そのアップルパイがテーブルの上 にある(状態⇒存在)

 

つまり、be動詞は「主語の状態」と「主語の存在」を表現する動詞ということになります。このイメージを意識した上で、be動詞の英語表現に触れると理解しやすくなると思います。

 

 

be動詞の句動詞・熟語・イディオム・英語表現 18選

 

be about およそ
be about to まさに~しようとする
be after 求める
追いかける
be against 反対である
逆らう
そむく
違反する
be along 来る
be behind 後ろにある
遅れている
応援する
支持する
助ける
be beyond 超えている
be down 元気がない
意気消沈する
停止している(機械などが)
be for 支持する
賛成する
be good at 上手です
be in いる(家などに)
be known by 判断される
be off 行く
休みになる
中止になる
be on 状態である
be over 終わった
終っている状態
be surprised at 驚く
be take in 騙される
be through 完了する
済んでいる

 

 

be動詞の句動詞・熟語・イディオム・英語表現 例文

 

 

be aboutの例文

 

 

be about「およそ~・約~」

・There were about 10.000 spectators.
・観客はおよそ1万人でした
⇒観客の人数がおよそ1万人だった

・It’s about 9 p.m.
・午後9時くらいです
⇒時間が午後9時周辺

・He is about 170cm.
・彼は170cmくらいです
⇒彼はだいたい170cmくらい

 

・beのイメージ ⇒ 「○○の範囲内にある」
・aboutのイメージ ⇒ 「数値:およそ・約」

 

 

be about toの例文

 

 

be about to「まさに~しようとする」

・The movie is about to begin.
・映画はもうすぐ始まります
⇒映画がもうすぐが始まる辺りにあるイメージ

・She was about to go out.
・彼女は出かけるところでした
⇒彼女がちょうど出かけるタイミングだったイメージ

・She is just about to eat the cake.
・彼女はちょうどケーキを食べようとしているところです
⇒彼女がちょうどケーキを食べる辺りにいるイメージ

 

・beのイメージ ⇒ 「○○の範囲内にある」
・aboutのイメージ ⇒ 「位置:その辺り・周辺・あちこち」
・toのイメージ ⇒ 「到達点」

 

 

be afterの例文

 

 

be after「~を求める・~を追いかける」

・What are you after?
・何かお探しですか?
⇒何を探しているのかを尋ねるイメージ

・I’m after a black jacket.
・黒いジャケットを探しています
⇒黒いジャケットを探しているイメージ

 

・beのイメージ ⇒ 「○○の範囲内にある」
・afterのイメージ ⇒ 「順序」

 

 

be againstの例文

 

 

be against「逆らう・そむく・違反する」

・Smoking here is against the ordinance.
・ここでの喫煙は条例違反です
⇒ここでの喫煙が条例に逆らっているイメージ

・Parking here is against the law.
・ここに駐車するのは違反だ
⇒ここに駐車するのが法律に逆らっているイメージ

・He’s always been against me.
・彼はいつも私に敵対してくる
⇒彼がいつも私に逆らってくるイメージ

 

・beのイメージ ⇒ 「○○の範囲内にある」
・againstのイメージ ⇒ 「反対・対抗」

 

 

be against「反対である」

・We are against the tax increase.
・我々は増税に反対です
⇒私たちが増税に反対している状態

・We are against war.
・私たちは戦争に反対です
⇒私たちが戦争に反対している状態

 

・beのイメージ ⇒ 「○○の範囲内にある」
・againstのイメージ ⇒ 「反対・対抗」

 

 

be againstの例文

 

 

be along「来る」

・The train will be along in a minute.
・電車はまもなく到着します
⇒電車が進んで来るイメージ

・She will be along soon.
・彼女はすぐに到着します
⇒彼女が進んで来るイメージ

 

・beのイメージ ⇒ 「○○の範囲内にある」
・alongのイメージ ⇒ 「前へ・進んで」

 

 

be behindの例文

 

 

be behind「後ろにある」

・There must be something behind this.
・この裏には何かがあるに違いない
⇒これの裏には何かがあるはずと思っているイメージ

 

・beのイメージ ⇒ 「○○の範囲内にある」
・behindのイメージ ⇒ 「背後・裏側」

 

 

be behind「遅れている」

・He is three months behind on his rent.
・彼は家賃を3か月滞納しています
⇒家賃が支払期限より3ヶ月に後ろにあるイメージ
※既に遅れてしまっている

・The project is much behind schedule.
・プロジェクトは予定より大幅に遅れています
⇒プロジェクトが予定より大幅に後ろにあるイメージ
※既に遅れてしまっている

 

・beのイメージ ⇒ 「○○の範囲内にある」
・behindのイメージ ⇒ 「遅れ・過去」

 

 

be behind「応援する・支持する・助ける」

・He is behind you all the time.
・彼はいつもあなたを応援しています
⇒彼がいつもあなたを支持しているイメージ

 

・beのイメージ ⇒ 「○○の範囲内にある」
・behindのイメージ ⇒ 「支持」

 

 

be beyondの例文

 

 

be beyond「超えている」

・The novel was beyond my expectations.
・その小説は私の期待を超えていました
⇒期待の向こう側(範囲を大きく超えて)

・His IQ was beyond the average.
・彼のIQは平均を超えていた
⇒IQの平均値の向こう側(範囲を大きく超えて)

・The lake was beautiful beyond description.
・その湖は言葉に表せないほど美しかった
⇒言葉で表現できる範囲の向こう側(範囲を大きく超えて)

 

・beのイメージ ⇒ 「○○の範囲内にある」
・beyondのイメージ ⇒ 「空間・水準・範囲」

 

 

be downの例文

 

 

be down「元気がない・意気消沈する」

・She is down.
・彼女は落ち込んでいます
⇒彼女の気分が下に落ちているイメージ

 

・beのイメージ ⇒ 「○○の範囲内にある」
・downのイメージ ⇒ 「下」

 

 

be down「(機械など)停止している」

・The air conditioner has been down.
・エアコンが故障してしまいました
⇒エアコンが故障してしまったイメージ

 

・beのイメージ ⇒ 「○○の範囲内にある」
・downのイメージ ⇒ 「停止・弱める」

 

 

be good atの例文

 

 

be good at「~が上手です」

・He is good at English.
・彼は英語が上手です
⇒彼は英語(いろいろある中でも)が上手というイメージ

 

・beのイメージ ⇒ 「○○の範囲内にある」
・atのイメージ ⇒ 「目指す点」

 

 

be inの例文

 

 

be in「(家などに)いる」

・We’ll be in tomorrow.
・明日は家にいます
⇒私が明日家の中にいるイメージ
※外出をしないで家にいるというニュアンス

・We’ll be in about 30 minutes.
・30分ほどで着きます
⇒30分ほどで家などの中にいるというイメージ

 

・beのイメージ ⇒ 「○○の範囲内にある」
・inのイメージ ⇒ 「中に」

 

 

be known byの例文

 

 

be known by「~で判断される」

・A man is known by his friends.
・人は友達で判断できる
⇒人を判断する手段(○○の範囲内にある)イメージ

 

・beのイメージ ⇒ 「○○の範囲内にある」
・knowのイメージ ⇒ 「知っている」
・byのイメージ ⇒ 「手段・原因」

 

 

be offの例文

 

 

be off「休みになる・中止になる」

・We are off today.
・今日はお休みです
⇒お店や会社などが休止のイメージ

・The deal is off.
・その取引は解除されました
⇒その取引が休止になったイメージ

・The party is off.
・パーティーは中止です
⇒パーティーが休止になったイメージ

 

・beのイメージ ⇒ 「○○の範囲内にある」
・offのイメージ ⇒ 「休止・オフ」

 

 

be onの例文

 

 

be on「~の状態である」

・The movie is on.
・映画は上映中です
⇒映画が進行しているイメージ

 

・beのイメージ ⇒ 「何かがそこにある・何かがその状態にある」
・onのイメージ ⇒ 「進行中・続けて・機能する(スイッチがオン)」

 

 

be overの例文

 

 

be over「終わった・終っている状態」

・Our relationship is over.
・私たちの関係は終りました
⇒私たちの関係が終った状態になるイメージ

・The party is over.
・パーティーは終わりました
⇒パーティーが終った状態になるイメージ

 

・beのイメージ ⇒ 「○○の範囲内にある」
・overのイメージ ⇒ 「終了・端から端」

 

 

be surprised atの例文

 

 

be surprised at「~に驚く」

・He is surprised at the news.
・彼はそのニュースに驚いた
⇒彼がそのニュース(原因)に驚いたというイメージ

 

・beのイメージ ⇒ 「○○の範囲内にある」
・atのイメージ ⇒ 「原因・理由」

 

 

be take inの例文

 

 

be take in「騙される」

・I was taken in by him.
・彼に出し抜かれた
⇒彼に取り込まれてしまったイメージ

・Don’t be taken in by his word.
・彼の言葉に騙されないでください
⇒彼の言葉に取り込まれないようにするイメージ

 

・beのイメージ ⇒ 「○○の範囲内にある」
・takeのイメージ ⇒ 「ひょいっと手に取る」
・inのイメージ ⇒ 「中に」

 

 

be throughの例文

 

 

be through「完了する・済んでいる」

・Are you through with the book?
・本はもう読み終わりましたか?
⇒本を読み終えたか尋ねるイメージ

・I’ll be through in a few minutes.
・もう少しで終ります
⇒作業などがあと少しで終わるイメージ

 

・beのイメージ ⇒ 「○○の範囲内にある」
・throughのイメージ ⇒ 「終了・最後」

 


 

いかがでしたでしょうか?

 

今回の記事では「be動詞が使われている英語表現」をまとめてみました。

be動詞のイメージは「○○の範囲内にある」なので、そこから「主語の状態」や「主語の存在」を表現することができます。

句動詞や熟語の意味はもちろんのこと、イディオムやフレーズなどの意味も、「be動詞のイメージと前後に続く語句のイメージの組み合わせになる」ので、それぞれの語句のイメージを意識して意味を捉えるようにしましょう。

 

 

 

【学校では教えてくれない英語のイメージを知りたい方へ】

 

 

英語の本来のイメージを『ネイティブ感覚インストール講座』にてお伝えしております。当サイトではお伝えしていない内容も動画で配信中。  
 
オリジナル英会話教材 ⇒ ネイティブ感覚インストール講座   
 
長い間英語を勉強してきて、英単語もたくさん覚えてきたはずなのに、「英語を話す際に言葉に詰まってしまう」、そんなお悩みがある方にお薦めの講座です。ご興味のある方はぜひご覧ください。   
  
  
 
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

英語チャンネルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語チャンネルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

  • 徹底解説!seeと基本文型!よく使われる熟語やイディオムを例文で紹介!

  • これで完璧!前置詞「under」の3つの意味と使い方!英語のイメージで表現の幅を広げよう!

  • これで完璧!前置詞「into」の3つの意味と使い方!英語のイメージで表現の幅を広げよう!

  • 動詞「turn」の意味と使い方!英語のイメージを掴んで英会話の幅を広げよう!

  • 動詞「put」の意味と使い方!英語のイメージを掴んで英会話の幅を広げよう!

  • これで完璧!前置詞「in」の6つの意味と使い方!英語のイメージで表現の幅を広げよう!