1. TOP
  2. 英語のイメージ
  3. 徹底解説!wantと基本文型!よく使われる熟語やイディオムを例文で紹介!
Sponsored Link

徹底解説!wantと基本文型!よく使われる熟語やイディオムを例文で紹介!

 

 

今回の記事では「wantの文型」や「wantを使った熟語やイディオム」をまとめてみました。

英語は動詞ひとつとっても「全体の構造や文脈や他の単語との組み合わせ」で意味が変わるので、慣れていないと難しいですよね?

この記事では、そんなモヤモヤを払拭できるように「wantを使った表現」を徹底的に解説してみたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

Sponsored Link

wantのコアイメージ

 

 

まず、wantの英語本来のイメージは「欠けているモノを欲する(生々しい欲求)」です。

この「欠けているモノを欲する(生々しい欲求)」というイメージから、よく使われる「欲しい」という意味が生まれています。

何かを欲すると聞くと「物理的なモノ」を想像しがちですが、wantで欲することができるモノは、概念や行為などの「非物理的なモノ」にも適用することができます。

 

 

●欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

1.欲する
2.必要とする
3.欠けている
4.望む
5.~したい

その中でも特によく使われるのが上記の5つです。もちろん、コアイメージの「欠けているモノを欲する(生々しい欲求)」が適用できるのであれば、上記の日本語訳以外にも使うことができます。

 

want(欲する)

 

 

wantのイメージは「欠けているモノを欲する(生々しい欲求)」なので、そこから「欲する」などの意味になります。

・I want a new car.
・新車が欲しい

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・She wants a smartphone.
・彼女はスマートフォンが欲しい

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・He wants friends all over the world.
・彼は世界中に友達が欲しいと思っています

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

 

want(必要とする)

 

 

wantのイメージは「欠けているモノを欲する(生々しい欲求)」なので、そこから「必要とする」などの意味になります。

・She wants to sleep.
・彼女は睡眠が必要だ

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・This car wants repairing.
・この車は修理が必要だ

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・These clothes want washing.
・この服は洗濯が必要だ

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

 

want(欠けている)

 

 

wantのイメージは「欠けているモノを欲する(生々しい欲求)」なので、そこから「欠けている」などの意味になります。

・He only wants for experience.
・ただ彼は経験不足だ

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・The village wants water.
・その村は水が不足している

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・It still wants an hour until lunch.
・昼食までまだ1時間ある

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

 

want(望む)

 

 

wantのイメージは「欠けているモノを欲する(生々しい欲求)」なので、そこから「望む」などの意味になります。

・What do you want from me?
・どういうご用でしょうか?

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・I want my steak rare.
・ステーキはレアにしてください

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・Do you want me to wash dishes?
・皿を洗おうか?

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

 

want(~したい)

 

 

wantのイメージは「欠けているモノを欲する(生々しい欲求)」なので、そこから「~したい」などの意味になります。

・He wants to go home.
・彼は家へに帰りたい

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・I want to play soccer.
・サッカーがしたい

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・I want to go shopping tomorrow.
・明日は買い物に行きたい

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

 

wantは「欠けているモノを欲する(生々しい欲求)」というイメージです。なので「モノを欲する・必要とする・欠けている・望む・動作を求める」などを表現することができます。

 

wantのイメージ ⇒ wantのイメージを掴んで英会話の幅を広げよう!

 

 

wantの文型

 

 

基本5文型 品詞(句・節など) 一般的な日本語訳
第一文型
(S+V)
want 欲する・望む・不足するなど
第三文型
(S+V+O)
want + 名詞
want + 不定詞(to 動詞の原型)
SがOを欲するなど
SがOをしたいなど
第五文型
(S+V+O+C)
want + 名詞 + 形容詞
want + 名詞 + 不定詞(to 動詞の原型)
want + 名詞 + 動詞の過去分詞型
SはOがCの状態なのを好むなど
SはOにCして欲しいなど
SはOにCしてもらいたいなど

 

turnは第一文型、第三文型、第五文型に使うことができます。どの文型に使うにせよ「欠けているモノを欲する(生々しい欲求)」を意識するようにしましょう。

 

第一文型(S+V)

 

 

基本5文型 品詞(句・節など) 一般的な日本語訳
第一文型
(S+V)
want 欲する・望む・不足するなど

 

第一文型は「主語の単純な動作を表現する文」を作ります。

wantは「欠けているモノを欲する(生々しい欲求)」というイメージです。第一文型に使った場合は「欲する・望む・不足する」などの意味になり「主語自身の欲する動作」を表します。

 


want「欲する・望む・不足する」など

 

 

・You can do it if you want.
・やりたければやってもいいよ

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・She wants more sleep.
・彼女は寝不足だ

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・You can stay up as late as you want.
・好きなだけ遅くまで起きていていいよ

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

主な訳し方としては「欲する・望む・不足する」などになります。感覚的には「欠けているモノを欲する」といった感覚ですね。

 

第三文型(S+V+O)

 

 

基本5文型 品詞(句・節など) 一般的な日本語訳
第三文型
(S+V+O)
want + 名詞
want + 不定詞(to 動詞の原型)
SがOを欲するなど
SがOをしたいなど

 

第三文型は「主語が何かに動詞の動作の影響を与える文」を作ります。

wantは「欠けているモノを欲する(生々しい欲求)」というイメージです。第三文型に使った場合は「SがOを欲する・SがOをしたい」などの意味になり「主語が何かを欲する動作」を表します。

 


want + 名詞「SがOを欲する」など

 

 

・I want a new watch.
・私は新しい時計が欲しい

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・He wants truth.
・彼は真実を知りたがっている

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・I want your advice.
・あなたのアドバイスが欲しい

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・My house wants painting.
・私の家は塗り替えが必要だ

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・The region wants food.
・その地域は食糧難だ

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

主な訳し方としては「主語が何かを欲する」などになります。感覚的には「欠けているモノを欲する」といった感覚ですね。

 


want + 不定詞(to 動詞の原型)「SがOをしたい」など

 

 

・I want to study abroad.
・留学したい

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・She wants to be a teacher.
・彼女は教師になりたがっている

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・He wants to make a lot of money.
・彼はお金をたくさん稼ぎたがっている

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

主な訳し方としては「主語がある動作や状態を欲する」などになります。感覚的には「欠けているモノを欲する」といった感覚ですね。

 

第五文型(S+V+O+C)

 

 

基本5文型 品詞(句・節など) 一般的な日本語訳
第五文型
(S+V+O+C)
want + 名詞 + 形容詞
want + 名詞 + 不定詞(to 動詞の原型)
want + 名詞 + 動詞の過去分詞型
SはOがCの状態なのを好むなど
SはOにCして欲しいなど
SはOにCしてもらいたいなど

 

第五文型は「主語が何かを何かとみなす文」を作ります。

wantは「欠けているモノを欲する(生々しい欲求)」というイメージです。第五文型に使った場合は「SはOがCの状態なのを好む・SはOにCして欲しい・SはOにCしてもらいたい」などの意味になり「主語が誰かに補語の状態になって欲しい・主語が誰かに何かをして欲しいなどの動作」を表現します。

 


want + 名詞 + 形容詞「SはOがCの状態なのを好む」など

 

 

・I want my steak medium rare.
・ステーキはミディアムレアでお願いします

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・Do you want this coffe cold?
・コーヒーは冷たいのがいいですか?

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

主な訳し方としては「主語が何かにある状態を求める」などになります。感覚的には「欠けているモノを欲する」といった感覚ですね。

 


want + 名詞 + 不定詞(to 動詞の原型)「SはOにCして欲しい」など

 

 

・I want you to leave our company.
・君にうちの会社を辞めてもらいたい

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・I want you to watch the movie.
・あなたにあの映画を観てほしい

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

主な訳し方としては「主語が誰かに何かをして欲しい」などになります。感覚的には「欠けているモノを欲する」といった感覚ですね。

 


want + 名詞 + 動詞の過去分詞型「SはOにCしてもらいたい」など

 

 

・I want my clothes washed.
・服を洗いたい

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・I want every part of this ship checked.
・この船をくまなくチェックしてくれ

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・I want the roof repaired.
・屋根を修理してもらいたい

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

主な訳し方としては「主語が誰かに何かをしてもらいたい」などになります。感覚的には「欠けているモノを欲する」といった感覚ですね。

 

 

wantを使った表現

 

 

wantの用法 turnの表現 一般的な日本語訳
wantを使った表現 You want to ~ ~した方がいい
You don’t want to ~ ~しない方がいい
Do you want to ~? ~してくれない?
~しない?
Do you want me to ~? ~しようか?

 

You want to ~(~した方がいい)

 

 

1つ目のwantを使った表現は「You want to ~」です。

・You want to watch the movie.
・あの映画は観た方がいいよ

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・You want to use that product.
・あの製品は使った方がいいよ

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

wantのイメージは「欠けているモノを欲する(生々しい欲求)」なので、単純に考えると「あなたは~が欲しい」になりますが、場合によっては「提案:~した方がいいよ」という意味として使うことができます。

 

You don’t want to ~(~しない方がいい)

 

 

2つ目のwantを使った表現は「You don’t want to ~」です。

・You don’t want to go to that shop.
・あのお店は行かない方がいいよ

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・You don’t want to go out late at night.
・遅い時間に出歩かない方がいいよ

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

wantのイメージは「欠けているモノを欲する(生々しい欲求)」なので、単純に考えると「あなたは~が欲しくない」になりますが、場合によっては「助言:~しない方がいいよ」という意味として使うことができます。

 

Do you want to ~?(~してくれない?・~しない?)

1.Do you want to ~?(~してくれない?)

 

 

3つ目のwantを使った表現は「Do you want to ~?」です。

・Do you want to wake me up at five tomorrow?
・明日5時に起こしてくれませんか?

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・Do you want to go buy some milk at the grocery?
・スーパー行って牛乳を買ってきて

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

wantのイメージは「欠けているモノを欲する(生々しい欲求)」なので、単純に考えると「~が欲しいですか?」になりますが、場合によっては「依頼:~してくれませんか?」という意味として使うことができます。

 


2.Do you want to ~?(~しない?)

 

 

・Do you want to go to drink tonight?
・今夜呑みに行かない?

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・Do you want to come along?
・あなたも来ませんか?

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

wantのイメージは「欠けているモノを欲する(生々しい欲求)」なので、単純に考えると「~が欲しいですか?」になりますが、場合によっては「提案:~しない?」という意味として使うことができます。

 

Do you want me to ~?(~しようか?)

 

 

4つ目のwantを使った表現は「Do you want me to ~?」です。

・Do you want me to help you?
・手伝おうか?

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・Do you want me to come along?
・一緒に行こうか?

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

wantのイメージは「欠けているモノを欲する(生々しい欲求)」なので、単純に考えると「~が欲しいですか?」になりますが、場合によっては「申請:~しようか?」という意味として使うことができます。

 

これら4つの表現は相手の欲求から派生した表現なのがわかりますね。端的に言うと「相手が○○が欲しいと思っている=助言・依頼・提案・申請」ということになります。感覚的には「あなたは~したいんだよね?」といった感じです。

 

 

wantを使った熟語やイディオム

 

 

熟語・イディオム wantの表現 一般的な日本語訳
want want in
want out
内に入りたがる・参加するなど
外に出たがる・やめる・脱会するなど

 

最後に、よく使われる「wantを使った熟語」をまとめてみました。せっかくなので、例文とイラストを交えてご紹介しようと思います。

 

want in「内に入りたがる・参加する」など

1.want in「内に入りたがる・参加する」など

 

 

・You want in ?
・入りたいの?

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・If you’re going to go there, I want in.
・そこに行くなら、私も加わりたい

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

2つのイメージ「want:欠けているモノを欲する(生々しい欲求)」+「in:ある空間の中」で「内に入りたがる・参加する」などの意味になります。感覚としては「中に入ることを欲する感覚」ですね。

 

want out「外に出たがる・やめる・脱会する」など

1.want out「外に出たがる・やめる・脱会する」など

 

 

・I want out of my company.
・会社を辞めたい

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・I want out of this relationship.
・この関係から抜け出したい

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

・Do you want to eat out tonight?
・今日外食したいですか?

⇒欠けているモノを欲する(生々しい欲求)

2つのイメージ「want:欠けているモノを欲する(生々しい欲求)」+「out:内から外へ」で「外に出たがる・やめる・脱会する」などの意味になります。感覚としては「外に入ることを欲する感覚」ですね。

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回の記事では「wantが使われている表現」をまとめてみました。

wantは「欲しい」という意味でお馴染みですが、英語本来のイメージは「欠けているモノを欲する(生々しい欲求)」です。

日常的な会話では「~が欲しい」という意味で使われるのはもちろんですが、派生して「助言・依頼・提案・申請」のニュアンスで使われることが多いです。

・You want to ~ ⇒ ~した方がいい
・You don’t want to ~ ⇒ ~しない方がいい
・Do you want to ~ ⇒ ~してくれない?・~しない?
・Do you want me to~? ⇒ ~しようか?

特に先ほど紹介した上記4つの表現は、非常に使い勝手が良い表現なので覚えておくと便利ですよ。

 

 

 

【学校では教えてくれない英語のイメージを知りたい方へ】

 

 

英語の本来のイメージを『ネイティブ感覚インストール講座』にてお伝えしております。当サイトではお伝えしていない内容も動画で配信中。  
 
オリジナル英会話教材 ⇒ ネイティブ感覚インストール講座   
 
長い間英語を勉強してきて、英単語もたくさん覚えてきたはずなのに、「英語を話す際に言葉に詰まってしまう」、そんなお悩みがある方にお薦めの講座です。ご興味のある方はぜひご覧ください。   
  
  
 
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

英語チャンネルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語チャンネルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

  • これで完璧!前置詞「between」の2つの意味と使い方!英語のイメージで表現の幅を広げよう!

  • 徹底解説!findと基本文型!よく使われる熟語やイディオムを例文で紹介!

  • 徹底解説!seeと基本文型!よく使われる熟語やイディオムを例文で紹介!

  • 徹底解説!doと基本文型!よく使われる熟語やイディオムを例文で紹介!

  • 動詞「turn」の意味と使い方!英語のイメージを掴んで英会話の幅を広げよう!

  • これで完璧!前置詞「into」の3つの意味と使い方!英語のイメージで表現の幅を広げよう!