1. TOP
  2. 英語のイメージ
  3. 動詞「listen」の意味と使い方!英語のイメージを掴んで英会話の幅を広げよう!
Sponsored Link

動詞「listen」の意味と使い方!英語のイメージを掴んで英会話の幅を広げよう!

 

 

動詞の「listen」と言えば、一般的には「聞く」という意味でお馴染みですよね?

実際、動詞「listen」は日本語で言うところの「聞く」という意味で使われますが「どういった感覚で聞くのか?」が非常に重要な動詞です。

今回の記事では「listenのイメージと正しい使い方」を解説していこうと思います。

 

Sponsored Link

「listenのイメージ」

 

 

まず、「listen」のイメージですが「意識して聞く・注意を向けて聞く」になります。

この「意識して聞く・注意を向けて聞く」というのが非常に大事で、こちらから「主体的に聞きに行く、自発的に耳を傾けている」というのがポイントです。自然に耳に入ってくるというわけではないので、その点に注意して使いこなしていきましょう。

 

では、さっそく動詞「listen」を使った例文をご紹介します。

・I listened to the music.
・私は音楽を聴きました

⇒注意を向けて音楽を聞いたイメージ

・Listen to me!
・話を聞いてよ!

⇒私の話に耳を傾けてほしいというイメージ

・Listen to the daialogue and answer the questions.
・会話を聞いて質問に答えてください

⇒会話に耳を傾けるイメージ

このように、動詞「listen」は「意識して聞く・注意を向けて聞く」というイメージがあり、こちらから主体的に聞きに行く感覚になります。

 

 

「hear」と「listen」の違い

 

 

さて、動詞「hear」を学ぶ上で避けてと通れないのが、同じ「聞く」という訳語になる「listen」ですよね?

日本語では「音を聞くこと」に関して特に区別することはないですが、英語では「能動的に音を聞く」のと「受動的に音を聞く」のでは区別が必要です。これは英語が自動詞と他動詞が文を作る上で、非常に大事な要素になることが関係しています。

 

ニュアンスとしては「hear」は「自然に耳に入ってくる」のに対し「listen」は「意識して聞く」になります。

●「hear」と「listen」のニュアンスの違い
・hear ⇒ 自然と聞こえてくる(聞く)
・listen ⇒ 意識して聞く(聴く)

 

 

 

・I hear the song.
・その歌が聞こえた
⇒意識しているわけではなく自然と聞こえるイメージ

・I listen to the song.
・その歌を聴いた
⇒意識して歌を聴いているイメージ

実際、上の例文を確認してみると、1つ目の例文「I hear the song.(その歌が聞こえた)」は「S + V + Oの第三文型」なのに対し、2つ目の例文「I listen to the song.(その歌を聴いた)」は「S + Vの第一文型」になっていますよね?

・I’m listening but I can’t hear anything.
・耳を傾けてみたけど何も聞こえなかった

⇒注意を向けて聞こうとしたが、何も耳に入ってこなかったイメージ

このように文の形を比べてみても「受動的に聞いているのか?能動的に聞いているのか?」がよくわかると思います。

 

 

「listenの使い方(基本編)」

 

 

ここからは、動詞「listen」のイメージ「意識して聞く・注意を向けて聞く」を意識しながら例文を見ていきましょう。

 

listen(聞く・聞こうとする)

・She was listening to the radio.
・彼女はラジオを聞いていた

⇒彼女が意識してラジオを聴いているイメージ

・Listen carefully.
・注意深く聞きなさい

⇒意識して注意深く聞くイメージ

 

listen(耳を貸す・従う)

・You should listen to her advice.
・君は彼女のアドバイスを聞き入れるべきだ

⇒アドバイスに耳を傾けて聞き入れるイメージ

・She doesn’t listen to me.
・彼女は私の言うことを聞かない

⇒アドバイスに耳を傾けて聞き入れるイメージ

 

このように、動詞「listen」には「意識して聞く・注意を向けて聞く」というイメージがあるため、文字通り「聞く・聞こえる」という意味だけでなく、アドバイスなどを聞いて実行する。つまり「耳を貸す・従う」などの意味も生み出します。

 

 

「listenの使い方(知覚動詞編)」

 

 

動詞「listen」は「知覚動詞」として使うことができます。この「知覚動詞」とは「五感(聴覚・視覚・嗅覚・味覚・触覚)で感じる行為を表す動詞」で、主に「see,look at,watch,hear,listen to,smell,feel,taste」などがあげられます。

 

listen to + 目的語 + 原形不定詞(OがVするのを聞く)

動詞「listen to(意識して聞く・注意を向けて聞く)」+「目的語」+「原形不定詞(動詞の原型)」で「目的語が動詞の原型をするのを聞く」という意味になります。

・I listened to them talk downstairs.
・私は彼らが階下で話すのを聞いた

⇒彼からの連絡が届かないイメージ

・I listen to her speak English fluently.
・私は彼女が流暢に英語を話すのを聞いた

⇒彼からの連絡が届かないイメージ

・We listen to you play the piano.
・私たちはあなたがピアノを弾くのを聴く

⇒友達からそれについての情報が入ってくるイメージ

尚、目的語の後ろに「原形不定詞」を取る場合は「動作のはじめから最後まで知覚した」という感覚です。

 

listen to + 目的語 + 現在分詞(OがVしているのを聞く)

動詞「hear(耳に入ってきた音を聞く)」に「from(起点)」のイメージが加わり「~から連絡がある・~から話を聞く」という意味になります。

・I listened to them talking downstairs.
・私は彼らが階下で話しているのを聞いた

⇒彼からの連絡が届かないイメージ

・I listen to her speaking English fluently.
・私は彼女が流暢に英語を話しているのを聞いた

⇒彼からの連絡が届かないイメージ

・We listen to you playing the piano.
・私たちはあなたがピアノを弾いているのを聴いた

⇒友達からそれについての情報が入ってくるイメージ

尚、目的語の後ろに「現在分詞」を取る場合は「進行中の動作や動作の一部を感知した」という感覚です。

 

●「hear(知覚動詞)」と「listen to(知覚動詞)」の違い

今回ご紹介した「知覚動詞」は、文字通り「五感(聴覚・視覚・嗅覚・味覚・触覚)で感じる行為を表す動詞」です。なので「listen」だけでなく「hear」も使うことができます。

ただし「hear」は「自然に耳に入ってくる」のに対し「listen」は「意識して聞く」なので、同じ例文でも若干受け止め方が異なるのがポイントです。

・I heard them talking downstairs.
・私は彼らが階下で話しているのを聞いた

⇒自然と聞こえてくるイメージ

・I listened to them talking downstairs.
・私は彼らが階下で話しているのを聞いた

⇒意識して聞いているイメージ

尚、知覚動詞「hear」は目的語の後ろに「過去分詞」を置くことができますが、知覚動詞「listen to」は目的語の後ろに「過去分詞」を置くことができません。

○ I heard my name called.
○ 名前が呼ばれるのが聞こえた

× I listened to my name called.
× 名前が呼ばれるのが聞こえた

これは、動詞「listen」には「主体的に聞く感覚」が宿っているため、受動的な「過去分詞」との相性があまり良くないからです。

 

 

「動画で復習しよう」

 

 

いかがでしたか?「listenのイメージ」は掴めましたでしょうか?

動詞「listen」のイメージは「意識して聞く・注意を向けて聞く」です。もう一方の「聞く(hear)」とは異なり、意識して聞きにいく感覚になるため「耳を傾ける」という感覚になります。それぞれの動詞のイメージの違いをしっかり掴んで使い分けていきましょう。

 

 

【学校では教えてくれない英語のイメージを知りたい方へ】

 

 

英語の本来のイメージを『ネイティブ感覚インストール講座』にてお伝えしております。当サイトではお伝えしていない内容も動画で配信中。  
 
オリジナル英会話教材 ⇒ ネイティブ感覚インストール講座   
 
長い間英語を勉強してきて、英単語もたくさん覚えてきたはずなのに、「英語を話す際に言葉に詰まってしまう」、そんなお悩みがある方にお薦めの講座です。ご興味のある方はぜひご覧ください。   
  
  
 
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

英語チャンネルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語チャンネルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

  • 動詞「want」の意味と使い方!英語のイメージを掴んで英会話の幅を広げよう!

  • これで完璧!前置詞「into」の3つの意味と使い方!英語のイメージで表現の幅を広げよう!

  • イメージでとらえる「down」を使った句動詞や語句の意味と使い方!

  • 徹底解説!putと基本文型!よく使われる熟語やイディオムを例文で紹介!

  • イメージでとらえる「at」を使った句動詞や語句の意味と使い方!

  • これで完璧!前置詞「behind」の5つの意味と使い方!英語のイメージで表現の幅を広げよう!