1. TOP
  2. 英語のイメージ
  3. 徹底解説!talkと基本文型!よく使われる熟語やイディオムを例文で紹介!
Sponsored Link

徹底解説!talkと基本文型!よく使われる熟語やイディオムを例文で紹介!

 

 

今回の記事では「talkの文型」や「talkを使った熟語やイディオム」をまとめてみました。

英語は動詞ひとつとっても「全体の構造や文脈や他の単語との組み合わせ」で意味が変わるので、慣れていないと難しいですよね?

この記事では、そんなモヤモヤを払拭できるように「talkを使った表現」を徹底的に解説してみたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

Sponsored Link

talkのコアイメージ

 

 

まず、talkの英語本来のイメージは「会話をする」です。

この「会話をする」というイメージから、よく使われる「話す」という意味が生まれています。

また、その他にも「相談する・話し合いをする・講義をする・講演をする・秘密をしゃべる・白状する」など「会話をする感覚」があれば、使うことができます。

 

 

●会話をする

1.話す
2.相談する・話し合う
3.講義をする・講演をする
4.秘密をしゃべる・白状する

その中でも特によく使われるのが上記の4つです。もちろん、コアイメージの「会話をする」が適用できるのであれば、上記の日本語訳以外にも使うことができます。

ポイントは「一方的に声を発するのではなく、言葉のキャッチボールがある」という点です。

 

talk(話す)

 

 

talkのイメージは「会話をする」なので、そこから「話す」などの意味になります。

・She talks a lot.
・彼女はよくしゃべる

⇒会話中によく話すイメージ

・He is talking with his friend.
・彼は友人と話しています

⇒彼と友人が会話をするイメージ

・She often talks in her sleep.
・彼女はよく寝言を言います

⇒彼女が寝言で話をしているイメージ

 

talk(相談する・話し合う)

 

 

talkのイメージは「会話をする」なので、そこから「相談する・話し合いをする」などの意味になります。

・Let’s talk business.
・ビジネスの話をしましょう

⇒ビジネスの話し合いをするイメージ

・I have something to talk with you.
・相談したいことがあるんです

⇒相手に相談したいことがあるイメージ

・He talked with his boss about the project.
・彼はそのプロジェクトについて上司と話しました

⇒彼がそのプロジェクトについて上司に相談してるイメージ

 

talk(講義をする・講演をする)

 

 

talkのイメージは「会話をする」なので、そこから「講義をする・講演をする」などの意味になります。

・He talked at the meeting.
・彼は会議で話した

⇒彼が会議で話をしたイメージ

・The president talked in front of people.
・大統領は人々の前で講演した

⇒大統領が人々の前で話をしたイメージ

・He talked about the animals in Africa.
・彼はアフリカの動物について話しました

⇒彼がアフリカの動物について講演したイメージ

 

talk(秘密をしゃべる・白状する)

 

 

talkのイメージは「会話をする」なので、そこから「秘密をしゃべる・白状する」などの意味になります。

・People will talk.
・人の口に戸は立てられない(ことわざ)

⇒人々が会話をするイメージ

・She talked too much.
・彼女はしゃべりすぎた

⇒彼女が余計にしゃべりすぎたイメージ

 

talkは「会話をする」というイメージです。なので「話す・相談する・話し合いをする・講義をする・講演をする・秘密をしゃべる・白状する」などの意味を作ります。

 

talkのイメージ ⇒ talkのイメージを掴んで英会話の幅を広げよう!

 

「say, speak, talk, tell」のニュアンスの違い

 

一般的に「話す」を意味する動詞は「say, speak, talk, tell」の4つが知られていますが、それぞれニュアンスが異なります。

 

 

●「say」「speak」「talk」「tell」のニュアンスの違い

・say ⇒ 言葉や文を口に出して言う(内容に焦点がある)
・speak ⇒ 声を出してモノを言う(一方的に声を出している)
・talk ⇒ 会話をする(コミュニケーション)
・tell ⇒ 誰かに何かの情報を伝える(伝達)

実際に例文を見ると以下のようになります。

・I said “NO” to the goverment.
・私は政府に「ノー」と言った
⇒言っている内容「NO」に焦点が当てられている

・He is speaking in front of everyone.
・彼はみんなの前で話しています
⇒一方的にみんなの前で話をしている

・She is talking with neighbours.
・彼女はご近所さんと話している
⇒ご近所さんを会話でコミュニケーションをとっている

・The TV SHOW told us truth.
・そのテレビ番組は私たちに真実を伝えました
⇒テレビ番組が我々に情報を伝えている

上記のように、同じ「話す」を意味する動詞でもニュアンスが異なるという訳なのですね。

 

 

talkの文型

 

 

基本5文型 品詞(句・節など) 一般的な日本語訳
第一文型
(S+V)
talk
talk + 副詞
話す・しゃべるなど
~について話すなど(副詞による)
第三文型
(S+V+O)
talk + 名詞 Oを話す・Oを語るなど
第五文型
(S+V+O+C)
talk oneself + 形容詞
talk + 名詞 + into + 動詞のing形
talk + 名詞 + out of + 動詞のing形
話してCの状態になるなど
Oを説得してVさせるなど
Oを説得してVするのを辞めさせるなど

 

talkは第一文型、第三文型、第五文型に使うことができます。どの文型に使うにせよ「会話をする」を意識するようにしましょう。

 

第一文型(S+V)

 

 

基本5文型 品詞(句・節など) 一般的な日本語訳
第一文型
(S+V)
talk
talk + 副詞
話す・しゃべるなど
~について話すなど(副詞による)

 

第一文型は「主語の単純な動作を表現する文」を作ります。

talkは「会話をする」というイメージです。第一文型に使った場合は「話す」などの意味になり「主語自身が話す単純な動作」を表します。

 


talk「話す・しゃべる」など

 

 

・She talks a lot.
・彼女はよくしゃべる

⇒彼女がたくさんしゃべるイメージ

・P-chan can talk.
・ピーちゃんは話せます

⇒ピーちゃんという名の鳥が話せるイメージ

・She sometimes talks in her sleep.
・彼女は時々寝言を言います

⇒彼女が時々寝言で話をしているイメージ

主な訳し方としては「話す」などになります。イメージ通り「会話をする感覚」ですね。

 


talk + 副詞「~について話す・~と話す・しゃべる(副詞による)」など

 

 

・He talked about old times.
・彼は昔のことを話した

⇒彼が昔のことについて話したイメージ

・He often talked of his memories.
・彼はよく思い出を語った

⇒彼がよく思い出を語っているイメージ

・She is talking to a neighbor.
・彼女は近所の人と話しています

⇒彼女が近所の人と話をしているイメージ

・She is talking with a neighbor.
・彼女は近所の人と話しています

⇒彼女が近所の人と話をしているイメージ

話す内容を表現するときには「talk about/of + 内容」、話す相手を表現するときには「talk to/with + 内容」などの形にします。

主な訳し方としては「~について話す・~と話す・しゃべる」などです。イメージ通り「会話をする感覚」ですね。

 

第三文型(S+V+O)

 

 

基本5文型 品詞(句・節など) 一般的な日本語訳
第三文型
(S+V+O)
talk + 名詞 Oを話す・Oを語るなど

 

第三文型は「主語が何かに動詞の動作の影響を与える文」を作ります。

talkは「会話をする」というイメージです。第三文型に使った場合は「Oを話す・Oを語る」などの意味になり、「主語がOを話すなどの文」を作ります。

 


talk + 名詞「Oを話す・Oを語る」など

 

 

・He sometimes talks nonsense.
・彼は時々ばかげた話をします

⇒彼がばかげた話しをしているイメージ

・They were talking politics for a long time.
・彼らは長い間政治について話していた

⇒彼らが政治の話をしているイメージ

主な訳し方としては「Oを話す・Oを語る」などになります。イメージ通り「会話をする感覚」ですね。

 

第五文型(S+V+O+C)

 

 

基本5文型 品詞(句・節など) 一般的な日本語訳
第五文型
(S+V+O+C)
talk oneself + 形容詞
talk + 名詞 + into + 動詞のing形
talk + 名詞 + out of + 動詞のing形
話してCの状態になるなど
Oを説得してVさせるなど
Oを説得してVするのを辞めさせるなど

 

第五文型は「主語が何かを何かとみなす文」を作ります。

talkは「会話をする」というイメージです。第五文型に使った場合は「話してOにVさせる」などの意味になり「主語がOをVしている状態にする文」を作ります。

 


talk oneself + 形容詞「話してCの状態になる」など

 

 

・He talked himself hoarse.
・彼はしゃべりすぎて声をからした

⇒彼が自分の声がかれるまで話したイメージ

主な訳し方としては「話してCの状態になる」などになります。こちらは「話をして本人の状態が変化する感覚」ですね。

 


talk + 名詞 + into + 動詞のing形「Oを説得してVさせる」など

 

 

・I talked him into going.
・私は彼に行くよう説得した

⇒私が彼に行くように話したイメージ

・I talked my parents into buying a smartphone.
・両親を説得してスマホを買ってもらった

⇒私が両親にスマホを買ってくれるように話したイメージ

主な訳し方としては「Oを説得してVさせる」などになります。こちらは「会話をしてOにVをさせる感覚」ですね。

 


talk + 名詞 + out of + 動詞のing形「Oを説得してVするのを辞めさせる」など

 

 

・I talked her out of seeing him.
・私は彼女が彼に会わないように説得した

⇒私が彼女に彼に会うのをやめるように話したイメージ

・His boss talked him out of changing jobs.
・上司は彼に転職をやめるよう説得した

⇒上司が彼に転職をやめるように話したイメージ

主な訳し方としては「Oを説得してVするのを辞めさせる」などになります。こちらは「会話をしてOにVを辞めさせる感覚」ですね。

 

 

talkを使った表現

 

 

talkの用法 talkの表現 一般的な日本語訳
talkを使った表現  talk a blue streak 早口で止まらずに話すなど
Talk of the devil 噂をすればなど

 

talk a blue streak「早口で止まらずに話す」など

 

 

1つ目のtalkを使った表現は「talk a blue streak 」です。

・He talks a blue streak.
・彼は早口でまくし立てた

⇒彼が早口で話すイメージ

・He talked a blue streak about his hobby.
・彼は自分の趣味について延々と話した

⇒彼が自分の趣味について早口でとうとうと話すイメージ

こちらの表現は「早口で止まらずに話す・とうとうと話す」などの意味になります。

この表現で使われている「blue streak」は、直訳すると「青い光線」という意味になり、そこから速さが連想されて「早口で止まらずに話す・とうとうと話す」といった意味になりました。

日本語の感覚にも近いので想像しやすいですね。

 

talk of the devil「噂をすれば」など

 

 

2つ目のtalkを使った表現は「talk of the devil 」です。

・Talk of the devil, there he is.
・噂をすれば、彼が来た

⇒彼女が人の悪口を声に出して発するイメージ

・Talk of the devil, there’s Tom over there.
・噂をすれば、あそこにトムがいるよ

⇒彼は他人の悪口を発しないイメージ

こちらの表現は「噂をすれば」という意味になります。珍しい表現ですが、こちらは以下のことわざから来ていて

・Speak [talk] of the devil, and he will appear
・悪魔の話をすると,悪魔が現れる

現在では悪魔という感覚が薄れて「人の噂話をすると、その噂の人が現れる」と発展して表現されるようになしました。実際、噂をしていると噂の本人が来ることってありますよね。

日本語で言うところの「噂をすれば影」みたいな意味合いです。

 

 

talkを使った熟語やイディオム

 

 

熟語・イディオム talkの表現 一般的な日本語訳
talk talk about
talk around
talk back
talk down
talk over
talk to
talk with
~について話すなど
~を説得する・~を避けて話すなど
~に言い返すなど
~を見下して話すなど
~を話し合う・~をしながら話すなど
~に話しかける・~と話すなど
~と話すなど

 

最後によく使われる「talkを使った熟語」をまとめてみました。せっかくなので、例文とイラストを交えてご紹介しようと思います。

 

talk about「~について話す」など

1.talk about「~について話す」など

 

 

・He talked about the war.
・彼は戦争について話した

⇒彼が戦争について話しているイメージ

・I don’t want to talk about it.
・それについて話たくありません

⇒それについて話したくないイメージ

・I will talk about the project.
・プロジェクトについてお話します

⇒プロジェクトについて話すイメージ

2つのイメージ「talk:会話をする」+「about:ざっくり・だいたいその周り」で「~について話す」などの意味になります。感覚としては「何かに関することの会話をする感覚」です。

 

talk around「~を説得する・~を避けて話す」など

1.talk around「~を説得する」など

 

 

・I will talk her around.
・僕が彼女を説得するよ

⇒話すことによって彼女の視点を変えさせるイメージ

・I talked them around to leave there.
・そこから立ち去るように彼らを説得しました

⇒話すことによって彼らの考えを変えさせるイメージ

2つのイメージ「talk:会話をする」+「around:ぐるっと囲む(周囲・周辺)」で「~を説得する」などの意味になります。感覚としては「話すことによって相手の視点を周囲に向けさせる感覚」です。

 


2.talk around「~を避けて話す」など

 

 

・Don’t talk around it.
・回りくどく話すな

⇒本質を避けて周辺を話すイメージ

・He talked around the issue.
・彼はその問題について回りくどく話した

⇒彼がその問題を避けて周辺を話すイメージ

2つのイメージ「talk:会話をする」+「around:ぐるっと囲む(周囲・周辺)」で「~を避けて話す」などの意味になります。感覚としては「本質に触れずに周辺について話す感覚」です。

 

talk back「~に言い返す」など

1.talk back「~に言い返す」など

 

 

・Don’t talk back to me!
・口答えをするな!

⇒相手に言い返すイメージ

・He talked back to his boss.
・彼は上司に言い返した

⇒彼が上司に言い返したイメージ

2つのイメージ「talk:会話をする」+「back:後ろ」で「~に言い返す」などの意味になります。感覚としては「何かを言われた相手に言い返す感覚」です。

 

talk down「~を見下して話す」など

1.talk down「~を見下して話す」など

 

 

・He always talks down to me.
・彼はいつも私に偉そうに話す

⇒彼が私を下に見ながら話すイメージ

・Don’t talk down to the others.
・他人を見下して話してはいけません

⇒他人を下に見ながら話すイメージ

2つのイメージ「talk:会話をする」+「down:下へ」で「~を見下して話す」などの意味になります。感覚としては「相手を下に見ながら話す感覚」です。

 

talk over「~を話し合う・~をしながら話す」など

1.talk over「~を話し合う」など

 

 

・Let’s talk it over.
・話し合おう

⇒上から覆うように徹底的に話すイメージ

・We talkd over the issue.
・我々はその問題を徹底的に話し合った

⇒上から覆うように徹底的に問題について話すイメージ

・I will talk this over with them.
・私が彼らに掛け合ってみます

⇒孤を描いて越えた向こう側にいる相手と話すイメージ

2つのイメージ「talk:会話をする」+「over:上から弧(覆う・越えた向こう側)」で「~を話し合う」などの意味になります。感覚としては「覆うように徹底的に話す・越えた向こう側の相手と話す感覚」です。

 


2.talk over「~をしながら話す」など

 

 

・Let’s talk over lunch.
・お昼をしながら話をしましょう

⇒会話の上に昼食も重ねるイメージ

・Can we talk over tea?
・お茶を飲みながら話しませんか?

⇒会話の上にお茶も重ねるイメージ

2つのイメージ「talk:会話をする」+「over:上から弧(覆う・越えた向こう側)」で「~をしながら話す」などの意味になります。感覚としては「会話の上に何かを重ねる感覚」です。

 

talk to「~に話しかける・~と話す」など

1.talk to「~に話しかける・~と話す」など

 

 

・I’d like to talk to the manager.
・マネージャーと話したいです

⇒マネージャーと会話をするイメージ

・I decided to talk to him.
・彼と話すことにしました

⇒彼と会話をするイメージ

・She was talking to herself.
・彼女は独り言を言っていた

⇒彼女が彼女自身と会話をするイメージ

2つのイメージ「talk:会話をする」+「to:到達点」で「~に話しかける・~と話す」などの意味になります。感覚としては「相手(到達点)と話す感覚」です。

 

talk with「~と話す」など

1.talk with「~と話す」など

 

 

・He talked with his boss about the project.
・彼はそのプロジェクトについて上司と話しました

⇒彼がそのプロジェクトについて上司と話したイメージ

・She talked with her customer on the phone.
・彼女は顧客と電話で話しました

⇒彼女が顧客と電話で話したイメージ

2つのイメージ「talk:会話をする」+「with:共に」で「~と話す」などの意味になります。感覚としては「相手と話す・話し合う感覚」です。

 

「talk to」と「talk with」の違い

 

一般的に「~について話す」を意味する語句として「talk to」と「talk with」がありますが、それぞれニュアンスが異なります。

●「talk to」と「talk with」のニュアンスの違い

・talk to ⇒ 話しかける・話し合う(到達点)
※一方的でなく双方向の話し合いのイメージもある
※主に話し手と聞き手を明確にしたい場合に使う
※主に話し手が聞き手に話したい場合に使う

・talk with ⇒ ~と話す(共有)
※一方的に話すのではなく互いに話し合う

ニュアンスの違いを意識して例文を作ると以下のようになります。

○ She talked to her baby.
○ 彼女は赤ちゃんに話しかけた
⇒赤ちゃんは話せないので話しかける感覚

△ She talked with her baby.
△ 彼女は赤ちゃんと話した
⇒赤ちゃんは話せないので話し合う感覚は少し不自然

どちらも「双方向の話し合い」に使うことはできますが、例文のように「話すことができない赤ちゃん」とは「話し合う」というよりは、感覚的に「話しかける」の方がしっくりきます。

なので、到達点のイメージの「to」が相応しい感じがしますね。

○ I’d like to talk to the manager.
○ マネージャーと話したいのですが
⇒主に話し手がマネージャーに話したいので到達点

○ I’d like to talk with the manager.
○ マネージャーと話したいのですが
⇒話し手もマネージャーも双方に話したいことがある

同じように「お互いに話し合う」を前面に出したいときは、共にのイメージの「with」がしっくりきます。もちろん、到達点でも不自然ではないので使用しても問題ありません。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回の記事では「talkが使われている表現」をまとめてみました。

talkは「話す」という意味でお馴染みですが、英語本来のイメージは「会話をする」です。そのことから「相談する・話し合いをする・講義をする・講演をする・秘密をしゃべる・白状する」などの意味になります。

ポイントは「相手との言葉のキャッチボールがある」という点ですね。

他の「話すを表す動詞(say, speak, tellなど)」と違って、動詞「talk」は「会話をする(言葉のキャッチボールがある)」ので、覚えておきましょう。

 

 

 

【学校では教えてくれない英語のイメージを知りたい方へ】

 

 

英語の本来のイメージを『ネイティブ感覚インストール講座』にてお伝えしております。当サイトではお伝えしていない内容も動画で配信中。  
 
オリジナル英会話教材 ⇒ ネイティブ感覚インストール講座   
 
長い間英語を勉強してきて、英単語もたくさん覚えてきたはずなのに、「英語を話す際に言葉に詰まってしまう」、そんなお悩みがある方にお薦めの講座です。ご興味のある方はぜひご覧ください。   
  
  
 
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

英語チャンネルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語チャンネルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

  • イメージでとらえる「in」を使った句動詞や語句の意味と使い方!

  • これで完璧!前置詞「to」の4つの意味と使い方!英語のイメージで表現の幅を広げよう!

  • 徹底解説!leaveと基本文型!よく使われる熟語やイディオムを例文で紹介!

  • 徹底解説!letと基本文型!よく使われる熟語やイディオムを例文で紹介!

  • イメージでとらえる「at」を使った句動詞や語句の意味と使い方!

  • 徹底解説!keepと基本文型!よく使われる熟語やイディオムを例文で紹介!