1. TOP
  2. 脱マンネリ英会話
  3. 英語でエールを贈ろう!シーン別に使える「頑張れ」の表現6選
Sponsored Link

英語でエールを贈ろう!シーン別に使える「頑張れ」の表現6選

脱マンネリ英会話
この記事は約 6 分で読めます。

 

 

スポーツや仕事、勉強にプライベート、何かと「頑張らなくてはならない事」って多いですよね?

日本語だと、どんなシーンでも「がんばれ」の一言で済ますことができるのですが、英語の場合「がんばれ」は「意図した状況に合わせて表現するのが難しいフレーズの1つ」と言えます。

そこで、今回は状況別に一言で「がんばれ」と伝えることができるシンプルな英語表現を6つ紹介しようと思います。

 

Sponsored Link

「踏ん張れ」状況が厳しい時の応援

今回、最初にご紹介する「がんばれ」の表現は「Hang in there.」です。

こちらの表現は、窮地に追い込まれている相手に使う表現です。辞書で「がんばれ」と調べると、真っ先にこの表現が出てくるので、「がんばれ=Hang in there.」と思っている人が多いのですが、厳しい状況の時にしか使わない表現なので注意が必要です。

元々「Hang」には「ぶら下がる」というイメージがあるので、直訳すると「Hang in there.(そこでぶら下がれ)」という意味に訳せるので、そこから「踏ん張れ」というイメージが派生しています。日本語の感覚的には「へこたれるな」「もう少しだ」「諦めるな」「踏ん張れ」といった感じの意味になります。

●「Hang in there.」を使った例文
・I know you are worried, but hang in there. You will find a better job.
・心配なのはわかるよ、でも頑張って。もっといい仕事が見つかるさ
・If you hang in there a bit longer, you will be promoted.
・あとちょっと踏ん張れば、君は昇進されるだろう
・It’s almost there. Just hang in there.
・>ともう少しだ。頑張れ!

 

「がんばれ」挑戦する人を応援する時の表現

つづいての「がんばれ」の表現は「Go for it.」です。

この表現は「これから何かに挑戦する人に向けて贈る言葉」になります。感覚的には「後押しする」イメージで、実際、私もスピーチコンテストに参加した際に、ネイティブの先生に「Go for it girl.(がんばれ)」と言われたことがあります。

●「Go for it.」を使った例文
・Go for it girl, you can do it!
・頑張れ!君ならできる!
・I know I have to go for it now.
・今頑張らなきゃいけないってことは分かってる
●「Go for it.」を使った会話文
・Aさん : Can I use the bathroom?
・Aさん : トイレ借りていい?
・Bさん : Go for it.
・Bさん : どうぞ
※躊躇することなく、ことを成し遂げるニュアンスも表す

 

「やってしまえ」後押しをしたい時に使える表現

つづいての「がんばれ」の表現は「Just do it!」です。

この表現は、直訳すると「Just do it!(やってみろ!)」という意味なのですが、そこから派生して「がんばれ」という意味です。先ほどの「Go for it!」に近いイメージですが、こちらは「挑戦することに物怖じしてる人」やに使うのにピッタリな表現になります。

感覚としては「ゴチャゴチャ言ってないで頑張らんかい!」といった感覚ですね。

●「Just do it!」を使った例文
・Don’t sweat the details. Just do it.
・細かいことばかり気にするな。とにかくやってみろ
・Make your dreams come true. Just do it now.
・夢を実現するんだ。今こそやるのさ

 

「幸運を」相手の幸運を祈る表現

つづいての「がんばれ」の表現は「Good luck!」です。

こちらの表現は、直訳すると「幸運を」になるのですが、そこから派生して「幸運を⇒がんばれ」という意味になっています。

スポーツの試合やゲームなどの「短期的な挑戦をする人」に対しても使えますが、これから新天地で新しい生活をする人などの「長期的な挑戦をする人」に対しても使うことができます。そういった意味では今回紹介する表現の中でも、特に応用が利く表現と言えますね。

●「Good luck!」を使った例文
・Good luck on your exam!
・試験がんばってね
・Good luck with your work.
・お仕事頑張ってね
・Good luck in your hometown.
・故郷でも頑張れよ

 

「頼むよ」ミスなどをした時に応援する表現

つづいての「がんばれ」の表現は「Come on!」です。

こちらの表現は、これまで紹介した「がんばれ」とは少し感覚が違い、例えば「スポーツなどでひいきの選手がミスをしてしまった時」などに「もう、頼むよ、頑張ってくれよ~」という感じで使います。

感情を込めずに「Come on.」と言うと「おいで」という意味なのですが、言い方に感情を込めて「Come on!〔動画:3分2秒辺り〕」と言うと「応援の意味を持たせること」ができます。

●「Come on!」を使った例文
・Go! Come on!
・いけ!頑張れ!
・Come on! Naomi!
・ナオミ頑張れ!
・Come on! Mariners! Let’s go!
・マリナーズ頑張れ!いけ!

 

「ベストを尽くせ」教え子などを励ます時

最後の「がんばれ」の表現は「Do your best!」です。

こちらの表現は、直訳すると「ベストを尽くせ」になるのですが、そこから派生して「がんばれ」という意味になっています。松岡修造さんが教え子に言いそうなイメージですね。

この他に「You can do it.(君ならできる)」や「Believe in yourself.(自分を信じて)」などのポジティブなフレーズも、結局は日本語に訳すと「がんばれ」とエールを贈っていることと同じ意味になります。

●「Do your best!」を使った例文
・Do your best with your work.
・仕事頑張ってね
・Do your best in everything you do.
・やることすべてにベストを尽くしなさい
・She did her best to make him comfortable.
・彼女は、彼が快適であるようベストを尽くした

 

「動画で復習しよう」

 

いかがでしたでしょうか?

日本語だと、一言「がんばれ」だけで表現できる細かなニュアンスですが、英語だと状況や相手との関係性などによって、様々な表現がありますね。そう考えると日本語の「がんばれ」は凄く便利な表現ですが、結局のところ伝えたい気持ちは同じです。

何かに挑戦する人、何かを頑張っている人、ひいきの選手やチーム、いろいろな「がんばれ」の表現を状況に合わせて使い分けてみてくださいね。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

英語チャンネルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語チャンネルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

記事投稿者紹介 記事投稿者一覧

永沢りょうこ

永沢りょうこ

英語コーチの永沢りょうこです。中高英語教員免許保有。留学なしで英検1級 TOEIC965点!訳学校講師経験あり。初中級英会話・ビジネス英語・TOEIC対策などを指導しています。映画やドラマなどの翻訳家として培った「口語表現」や「自然な英語表現」を交え、英語だけでなく学習に対するモチベーション維持から、時間管理や体調管理まで幅広く指導を行っています。

関連記事

  • 英語で「疲れた」は?疲労度別「疲れた」の日常表現4選

  • 英語で「かわいそう」は?状況別「お気の毒」の表現いろいろ

  • 英語で「どういたしまして」は?「You’re welcome.」の表現

  • 英語で「忙しい」は「busy」だけ?状況で使い分ける4つの表現

  • 英語で「美味しい」は?ネイティブが日常的に使う3つの表現

  • 英語で「~だと思う」は何て言う?「I think ~」以外の表現