1. TOP
  2. 脱マンネリ英会話
  3. 英語で「バイバイ」は何て言う?「さようなら」の4つの表現
Sponsored Link

英語で「バイバイ」は何て言う?「さようなら」の4つの表現

脱マンネリ英会話
この記事は約 6 分で読めます。

 

 

英語の別れ際の挨拶といえば「Good bye.」を使う人が多いですよね?

そんな「さようなら」の表現ですが、実は他にもいろいろな言い方があり、ネイティブはシチュエーションによって使い分けます。いつもワンパターンになりがちな別れ際の挨拶、今回の記事では、シチュエーションによって使い分ける4つの別れ際をお伝えしていきます。

 

Sponsored Link

「またね」お馴染みの一般的な挨拶

今回、最初にご紹介する「バイバイ」の表現は「See you.」です。こちらの表現は、お馴染みの表現なのでご存知の方も多いですよね?

日本語に直訳すると「またね」という意味で、元々「See」という単語には「会う」という意味があるので、基本的には「会う可能性のある人」に使います。なので、メールや電話やSNSだけもやり取りの人には、あまり使いません。

そんな「See you.」なのですが、後ろに時間を表す語句を付けることで、次回合うタイミングを伝えることができます。例えば、次回は月曜日に会う機会があるのであれば「また月曜にね(See you on Monday.)」といった感じで使えますし、直ぐに会う可能性があるのであれば「また後でね(See you later. / See you soon.)」などです。

カジュアルな表現なので、友人や仲の良い同僚など関係性の近い人に使うと良いでしょう。

●「See you.」を使った例文
・See you.
・じゃあね~
・See you tomorrow.
・また明日ね!
・See you next week.
・また来週
・I hope to see you soon.
・またすぐ会えるといいな

 

「元気でね」SNSやメールや電話などでの挨拶

つづいての「バイバイ」の表現は「Take care.」です。

こちらの表現は、先程の「See you.」とは異なり「会う予定のない人」との挨拶でも使えます。日本語の意味では、よく「お気をつけて」という意味で使われるので、ご存知の方も多いフレーズですよね?

もちろん「実際に会う機会がある人」にも使えますが、本来のイメージが「お気をつけて」なので、その場合は「しばらく会う機会がないであろう人」に使うのが一般的です。また、相手への気遣いの言葉であるという性質上、少し丁寧な挨拶とも言えます。

●「Take care.」を使った会話文1
・Aさん : Take care.
・Aさん : お気をつけて
・Bさん : You too.
・Bさん : あなたも
●「Take care.」を使った会話文2
・Cさん : Take care.
・Cさん : じゃあね
・Dさん : See you tomorrow.
・Dさん : また明日
●「Take care.」を使った会話文3
・Eさん : See you!
・Eさん : じゃあね!
・Fさん : Bye! Take care.
・Fさん : バーイ!またね

 

「また後でね」近々会う予定のある人への挨拶

つづいての「バイバイ」の表現は「Talk to you later.」です。

こちらの表現は、直訳すると「また後で話ましょう」という意味になるので、「近いうちに会う機会がある人」や「後で会う約束をしている人」などに使うのが自然です。

全体の文としては「I will talk to you later.」になるのですが、そちらをもう少しカジュアルにして「I will」を省略したフレーズになります。いつも一緒にいるような仲の良い友達などに使うと良いでしょう。

●「Talk to you later.」を使った例文
・Talk to you soon.
・またね(またすぐ話そう)
・I’ll talk to you later.
・また後で話そう
●「Talk to you later.」を使った会話文
・Aさん : I need to go right now. Talk to you later.
・Aさん : もう行かなきゃ、またね
・Bさん : See you.
・Bさん : それじゃ

 

「またね」本当に仲の良い友人に使う挨拶

最後の「バイバイ」の表現は「Catch you later.」です。

こちらの表現は、あまり馴染みのない表現ですが、ネイティブの間ではよく使います。イメージとしては「私の方からあなたをキャッチします」というイメージになるので、本当に仲の良い友人に対して使うカジュアルな表現になります。

元々は「See you later.」のスラングで、主に若者の間で使われることが多い表現です。具体的な会話としては下記の例文のような流れで使います。

●「Catch you later.」を使った会話文1
・Aさん : I know a good Pizza place. Will you come?
・Aさん : うまいピザ屋知ってるんだけど、来る?
・Bさん : I already grabbed a sandwich. I’m heading to the meeting room now.
・Bさん : サクっとサンドイッチで済ませたとこ。今から会議室行くんだ
・Aさん : All right. I’ll catch you later.
・Aさん : 了解、じゃあまた後でね
●「Catch you later.」を使った会話文2
・Cさん : Why don’t we meet at the station?
・Cさん : 後で駅でね
・Dさん : Okay. Catch you later.
・Dさん : オッケー、じゃあ後でね
●「Catch you later.」を使った会話文3
・Eさん : Let’s go have a drink after the class!
・Eさん : 授業の後、飲みに行こうよ
・Fさん : Okay, catch you later.
・Fさん : いいよ、じゃあ後でね

 

「動画で復習しよう」

 

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した「バイバイ」の4つの表現は、シチュエーションによって使い分けられる便利な表現です。別れ際の挨拶は、会話を終わらせる際に欠かせない重要な挨拶になりますので、いつも「Good bye.」ばかり使っているという人は、今回お伝えした4つの表現を上手に使ってみてくださいね。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

英語チャンネルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語チャンネルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

記事投稿者紹介 記事投稿者一覧

永沢りょうこ

永沢りょうこ

英語コーチの永沢りょうこです。中高英語教員免許保有。留学なしで英検1級 TOEIC965点!訳学校講師経験あり。初中級英会話・ビジネス英語・TOEIC対策などを指導しています。映画やドラマなどの翻訳家として培った「口語表現」や「自然な英語表現」を交え、英語だけでなく学習に対するモチベーション維持から、時間管理や体調管理まで幅広く指導を行っています。

関連記事

  • 英語で「疲れた」は?疲労度別「疲れた」の日常表現4選

  • 英語で「忙しい」は「busy」だけ?状況で使い分ける4つの表現

  • 英語で「かわいそう」は?状況別「お気の毒」の表現いろいろ

  • 英語でエールを贈ろう!シーン別に使える「頑張れ」の表現6選

  • 英語で「どういたしまして」は?「You’re welcome.」の表現

  • 英語で「~だと思う」は何て言う?「I think ~」以外の表現