1. TOP
  2. 英語のイメージ
  3. イメージでとらえる「beyond」を使った句動詞や語句の意味と使い方!
Sponsored Link

イメージでとらえる「beyond」を使った句動詞や語句の意味と使い方!

 

 

今回の記事では「beyondの句動詞や語句」をまとめてみました!

英語で「beyond」と言えば「~を超えて」という意味で知られていますが、それ以外にも様々な意味があります。更に動詞とくっつけることで句動詞となり、爆発的に応用できる範囲を広げることができます。

そんな句動詞を使いこなすには、意味をひとつひとつ覚えていくのも大事ですが、イメージで覚えるのも大事です。

そこで、今回の記事では「句動詞(beyondが使われている語句)」をまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Sponsored Link

beyondのイメージ

 

 

「beyond」のイメージ

 

「範囲を大きく超えて(空間・水準・範囲・理解・能力・時間)」

1.空間・水準・範囲
2.理解・能力
3.時間

主に使われているイメージは上記の3つイメージです。この3つのイメージを掴むことで「文脈に合わせて句動詞を使いこなすこと」ができます。

 

句動詞を扱う上で、ポイントになるのは2つの語句のイメージです。なので「動詞のイメージ」と「副詞や前置詞のイメージ」を理解し、それぞれのイメージの組み合わせを意識するのが重要です。

 

 

beyondのイメージ①「空間・水準・範囲」

 

 

be beyond「超えている」

・His IQ was beyond the average.
・彼のIQは平均を超えていた
⇒IQの平均値の向こう側(範囲を大きく超えて)

・The movie was beyond my expectations.
・その映画は私の期待以上だった
⇒期待の向こう側(範囲を大きく超えて)

・The lake was beautiful beyond description.
・その湖は言葉に表せないほど美しかった
⇒言葉で表現できる範囲の向こう側(範囲を大きく超えて)

 

・beのイメージ ⇒ 「○○の範囲内にある」
・beyondのイメージ ⇒ 「空間・水準・範囲」

 


 

 

 

go beyond「越える・勝る」

・The cost will go beyond our budget.
・費用は我々の予算を超えるでしょう
⇒費用が我々の予算の範囲を超えるイメージ

・You must not go beyond the line.
・あの線を超えてはいけません
⇒あの線の向こう側に行ってはいけないイメージ

・The results went beyond my expectation.
・結果は私の期待に勝るものでした
⇒結果が私の期待よりも向こう側にあったイメージ

 

・goのイメージ ⇒ 「離れて去って行く」
・behindのイメージ ⇒ 「空間・水準・範囲」

 

 

beyondのイメージ②「理解・能力」

 

 

be beyond「理解できない・手に負えない・届かない」

・The situation was beyond my control.
・状況は私の手に負えないものでした
⇒私の支配力の向こう側(範囲を大きく超えて)

・That was beyond human understanding.
・あれは人の理解を超えていた
⇒人が理解できる範囲の向こう側(範囲を大きく超えて)

・The task is quite beyond his abilities.
・その仕事は彼の実力を大きく越えている
⇒彼の実力の向こう側(範囲を大きく超えて)

 

・beのイメージ ⇒ 「○○の範囲内にある」
・beyondのイメージ ⇒ 「理解・能力」

 

 

beyondのイメージ③「時間」

 

 

stay beyond「超えてとどまる」

・We can’t stay here beyond closing time.
・閉園時間を過ぎての滞在はできません
⇒閉園時間の向こう側(範囲を大きく超えて)

・They stayed beyond midnight.
・彼らは真夜中を超えて滞在した
⇒時間的に真夜中の向こう側(範囲を大きく超えて)

 

・beのイメージ ⇒ 「○○の範囲内にある」
・beyondのイメージ ⇒ 「時間」

 


 

いかがでしたでしょうか?

 

今回の記事では「beyondが使われている表現」をまとめてみました。

beyondは「~を超えて」という意味でお馴染みですが、英語本来のイメージは「範囲を大きく超えて(空間・水準・範囲・理解・能力・時間)」になります。

もちろん、イメージですので、今回紹介したイメージ意外にも紹介しきれていないイメージもあります。ですが、上記のイメージをベースに句動詞の意味を考えると、実際に使う際に応用が利くので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

 

 

【学校では教えてくれない英語のイメージを知りたい方へ】

 

 

英語の本来のイメージを『ネイティブ感覚インストール講座』にてお伝えしております。当サイトではお伝えしていない内容も動画で配信中。  
 
オリジナル英会話教材 ⇒ ネイティブ感覚インストール講座   
 
長い間英語を勉強してきて、英単語もたくさん覚えてきたはずなのに、「英語を話す際に言葉に詰まってしまう」、そんなお悩みがある方にお薦めの講座です。ご興味のある方はぜひご覧ください。   
  
  
 
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

英語チャンネルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語チャンネルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

  • 徹底解説!passと基本文型!よく使われる熟語やイディオムを例文で紹介!

  • 動詞「carry」の意味と使い方!英語のイメージを掴んで英会話の幅を広げよう!

  • これで完璧!前置詞「across」の3つの意味と使い方!英語のイメージで表現の幅を広げよう!

  • イメージでとらえる「by」を使った句動詞や語句の意味と使い方!

  • 動詞「give」の意味と使い方!英語のイメージを掴んで英会話の幅を広げよう!

  • 徹底解説!listenと基本文型!よく使われる熟語やイディオムを例文で紹介!