1. TOP
  2. 英語のイメージ
  3. イメージでとらえる「as」を使った句動詞や語句の意味と使い方!
Sponsored Link

イメージでとらえる「as」を使った句動詞や語句の意味と使い方!

 

 

今回の記事では「asの句動詞や語句」をまとめてみました!

英語で「as」と言えば「~として」という意味で知られていますが、それ以外にも様々な意味があります。更に動詞とくっつけることで句動詞となり、爆発的に応用できる範囲を広げることができます。

そんな句動詞を使いこなすには、意味をひとつひとつ覚えていくのも大事ですが、イメージで覚えるのも大事です。

そこで、今回の記事では「句動詞(asが使われている語句)」をまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Sponsored Link

asのイメージ

 

 

「as」のイメージ

 

「2つのモノがイコール(様態・例え)」

1.様態・例え

主に使われているイメージは上記のイメージです。このイメージを掴むことで「文脈に合わせて句動詞を使いこなすこと」ができます。

 

句動詞を扱う上で、ポイントになるのは2つの語句のイメージです。なので「動詞のイメージ」と「副詞や前置詞のイメージ」を理解し、それぞれのイメージの組み合わせを意識するのが重要です。

 

 

aroundのイメージ①「様態・例え」

 

 

pass as「~で通用する・~で通る」

・She can pass as a model.
・彼女はモデルと言っても通用する
⇒彼女がある地点(モデルとしてのレベル)を通過するイメージ

・He will pass as a professional baseball player.
・彼はプロ野球選手として通用するだろう
⇒彼がある地点(プロ野球選手としてのレベル)を通過するイメージ

 

・passのイメージ ⇒ 「ある地点を通過」
・asのイメージ ⇒ 「様態・例え」

 


 

いかがでしたでしょうか?

 

今回の記事では「asが使われている表現」をまとめてみました。

asは「~として」という意味でお馴染みですが、英語本来のイメージは「2つのモノがイコール(様態・例え)」になります。

もちろん、イメージですので、今回紹介したイメージ意外にも紹介しきれていないイメージもあります。ですが、上記のイメージをベースに句動詞の意味を考えると、実際に使う際に応用が利くので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

 

 

【学校では教えてくれない英語のイメージを知りたい方へ】

 

 

英語の本来のイメージを『ネイティブ感覚インストール講座』にてお伝えしております。当サイトではお伝えしていない内容も動画で配信中。  
 
オリジナル英会話教材 ⇒ ネイティブ感覚インストール講座   
 
長い間英語を勉強してきて、英単語もたくさん覚えてきたはずなのに、「英語を話す際に言葉に詰まってしまう」、そんなお悩みがある方にお薦めの講座です。ご興味のある方はぜひご覧ください。   
  
  
 
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

英語チャンネルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語チャンネルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

  • 徹底解説!keepと基本文型!よく使われる熟語やイディオムを例文で紹介!

  • 徹底解説!stayと基本文型!よく使われる熟語やイディオムを例文で紹介!

  • これで完璧!前置詞「beside」の3つの意味と使い方!英語のイメージで表現の幅を広げよう!

  • 動詞「go」の意味と使い方!英語のイメージを掴んで英会話の幅を広げよう!

  • 動詞「do」の意味と使い方!英語のイメージを掴んで英会話の幅を広げよう!

  • 徹底解説!holdと基本文型!よく使われる熟語やイディオムを例文で紹介!