1. TOP
  2. 英語のイメージ
  3. 徹底解説!askと基本文型!よく使われる熟語やイディオムを例文で紹介!
Sponsored Link

徹底解説!askと基本文型!よく使われる熟語やイディオムを例文で紹介!

 

 

今回の記事では「askの文型」や「askを使った熟語やイディオム」をまとめてみました。

英語は動詞ひとつとっても「全体の構造や文脈や他の単語との組み合わせ」で意味が変わるので、慣れていないと難しいですよね?

この記事では、そんなモヤモヤを払拭できるように「askを使った表現」を徹底的に解説してみたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

Sponsored Link

askのコアイメージ

 

 

まず、askの英語本来のイメージは「モノ(物理的なモノ)や事柄(情報)を求める」です。

この「モノや事柄を求める」というイメージから、よく使われる「求める・尋ねる」という意味が生まれています。また、その他にも「質問する・依頼する・請う・頼む・招待する」など、「モノや事柄を求める感覚」があれば使うことができます。

 

 

●モノや事柄を求める

1.尋ねる・質問する
2.依頼する・求める・頼む
3.招待する

その中でも特によく使われるのが上記の5つです。もちろん、コアイメージの「モノや事柄を求める」が適用できるのであれば、上記の日本語訳以外にも使うことができます。

 

ask(尋ねる・質問する)

 

 

askのイメージは「モノや事柄を求める」なので、そこから「尋ねる・質問する」などの意味になります。

・He asked my age.
・彼は私の年齢を尋ねた

⇒モノや事柄を求める

・He asked her a question.
・彼は彼女に質問をした

⇒モノや事柄を求める

・The police asked me where I lived.
・警察は私にどこに住んでいるのか尋ねた

⇒モノや事柄を求める

 

ask(依頼する・求める・頼む)

 

 

askのイメージは「モノや事柄を求める」なので、そこから「依頼する・求める・頼む」などの意味になります。

・We asked for a raise.
・我々は昇給を要求した

⇒モノや事柄を求める

・He asked his friend for help.
・彼は友人に助けを求めた

⇒モノや事柄を求める

・He asked her out.
・彼は彼女デートに誘った

⇒モノや事柄を求める

 

ask(招待する)

 

 

askのイメージは「モノや事柄を求める」なので、そこから「招待する」などの意味になります。

・They asked me to dinner.
・彼らは私を夕食に招待した

⇒モノや事柄を求める

・I asked my friend to the party.
・私は友人をパーティーに誘いました

⇒モノや事柄を求める

 

askは「モノや事柄を求める」というイメージです。なので「尋ねる・質問する・依頼する・求める・頼む・要求する・招待する・誘う」などを表現することができます。

 

 

ポイントは、後ろに続く単語によって意味が変わる点です。

・ask + 情報 ⇒ 尋ねる
・ask + 行動 ⇒ 頼む
・ask + モノ ⇒ 求める

とはいえ、どのような意味になるにせよ、本来のイメージ「モノや事柄を求める」は活きているので、意識しておくと理解しやすいと思います。

 

askのイメージ ⇒ askのイメージを掴んで英会話の幅を広げよう!

 

 

askの文型

 

 

基本5文型 品詞(句・節など) 一般的な日本語訳
第一文型
(S+V)
ask
ask + 前置詞/副詞
尋ねる・頼む・求めるなど
※前置詞や副詞による
第三文型
(S+V+O)
ask + 名詞
ask + 人 + out
ask + 不定詞(to 動詞の原型)
ask + that S2 V
~を尋ねる・頼む・求めるなど
人を~誘う・招待するなど
~させてほしいと頼むなど
S1がS2にVするように頼むなど
第四文型
(S+V+O+O)
ask + 名詞1 + 名詞2 SがO1にO2を尋ねる
SがO1にO2を求めるなど
第五文型
(S+V+O+C)
ask + 名詞 + 不定詞(to 動詞の原型) SがOにVするように頼むなど

 

askは第一文型、第三文型、第四文型、第五文型に使うことができます。どの文型に使うにせよ「モノや事柄を求める」を意識するようにしましょう。

 

第一文型(S+V)

 

 

基本5文型 品詞(句・節など) 一般的な日本語訳
第一文型
(S+V)
ask
ask + 前置詞/副詞
尋ねる・頼む・求めるなど
※前置詞や副詞による

 

第一文型は「主語の単純な動作を表現する文」を作ります。

askは「モノや事柄を求める」というイメージです。第一文型に使った場合は「尋ねる・頼む・求める」などの意味になります。また、前置詞や副詞とくっついて、句動詞になることもありますが「主語が求めるという感覚」は変わりません。

 


ask / ask + 前置詞/副詞「尋ねる・頼む・求める」など

 

 

・He asked about my family.
・彼は私の家族について尋ねた

⇒モノや事柄を求める

・She asked about my job.
・彼女は私の仕事について尋ねた

⇒モノや事柄を求める

・She asked for money.
・彼女はお金を求めた

⇒モノや事柄を求める

・She asked for a glass of wine.
・彼女はワインを一杯頼んだ

⇒モノや事柄を求める

主な訳し方としては「尋ねる・頼む・求める」などになります。感覚的には「モノや事柄を求める」といった感覚ですね。

 

「ask」と「ask about」の違い

 

 

■「ask」と「ask about」のニュアンスの違い

・ask  ⇒ ~を尋ねる
・ask about ⇒ ~について尋ねる(より詳しく尋ねる)

 

 

実際に例文を見ると以下のようになります。

・I asked the prise.
・値段を聞いてみた
⇒値段そのものを尋ねる

・I asked about the prise.
・値段について聞いてみた
⇒値段そのもの+その値段になった理由なども尋ねる

比べてみると違いが一目瞭然ですね。文字通り「about:ざっくり・だいたいその周り」のニュアンスが加わっているのが分かります。

○ He asked my phone number.
○ 彼は私の電話番号を尋ねました
⇒電話番号そのものを尋ねる

× He asked about my phone number.
× 彼は私の電話番号について尋ねました
⇒電話番号そのもの+その番号の周辺を尋ねるは不自然

実際、電話番号を尋ねる際に、番号だけでなく「番号について」も尋ねるのは不自然ですよね?例文を比べてみると感覚が掴みやすいですね。

 

第三文型(S+V+O)

 

 

基本5文型 品詞(句・節など) 一般的な日本語訳
第三文型
(S+V+O)
ask + 名詞
ask + 人 + out
ask + 不定詞(to 動詞の原型)
ask + that S2 V
~を尋ねる・頼む・求めるなど
人を~誘う・招待するなど
~させてほしいと頼むなど
S2にVするように頼むなど

 

第三文型は「主語が何かに動詞の動作の影響を与える文」を作ります。

askは「モノや事柄を求める」というイメージです。第三文型に使った場合は「~を尋ねる・頼む・求める」などの意味になります。

また、決まり文句として「人を~誘う・招待する」や「~させてほしいと頼む」や「S2にVするように頼む」などの意味も作ることができます。

 


ask + 名詞「~を尋ねる・頼む・求める」など

 

 

・She asked me about my job.
・彼女は私に私の仕事について尋ねた

⇒モノや事柄を求める

・He asked me about it.
・彼はそれについて私に尋ねました

⇒モノや事柄を求める

・He asked too much money for it.
・彼はそれに対し法外な金を要求した

⇒モノや事柄を求める

主な訳し方としては「~を尋ねる・頼む・求める」などになります。文字通り「モノや事柄を求める感覚」ですね。

 


ask + 人 + out「人を~誘う・招待する」など

 

 

・He asked her out to dinner.
・彼は彼女を夕食に誘った

⇒モノや事柄を求める

・I asked her out on a date.
・私は彼女をデートに誘った

⇒モノや事柄を求める

こちらの表現は決まり文句として有名ですね。「ask + 人 + out:人を~誘う・招待する」です。感覚としては「人に外出を求める感覚」です。

 


ask + 不定詞(to 動詞の原型)「~させてほしいと頼む」など

 

 

・He asked to see the doctor.
・彼は医者に会わせてくれと頼んだ

⇒モノや事柄を求める

・I asked to sleep until noon.
・昼まで寝させてほしいと頼んだ

⇒モノや事柄を求める

主な訳し方としては「主語がto以下をさせて欲しい」という訳になります。感覚としては「主語が不定詞の動作を求める感覚」です。

 


ask + that S2 V「S2にVするように頼む」など

 

 

・We asked that he (should) come at once.
・我々は彼にすぐ来るように頼んだ

⇒モノや事柄を求める

・I asked that they everyone (should) be here.
・みんながここにいるべきだと要求した

⇒モノや事柄を求める

主な訳し方としては「S2にVするように頼む」という訳になります。感覚としては「主語がthat以下を求める感覚」です。

 

ポイントは「that節内の動詞に『shoudがつく』or『動詞が原型になる』という点」です。なぜ、そうなるのかというと、この表現は「一種の仮定法」になるからです。

 

 

今回のask以外にも「that節を伴なう場合に仮定法になる動詞」としては、以下のようなものがあります。

・advise アドバイスをする
・suggest 提案する
・demand 要求する
・order 命じる
・recommend 勧める …etc.

基本的には「要求(~を求める系)」の動詞ですね。動詞の原型になるというのは、TOEICなどでもよく出てくるの問題なので、頭の片隅に置いておくと役立つと思いますよ。

ややこしい仮定法 ⇒ that節が使われている仮定法のポイント!

 

第四文型(S+V+O1+O2)

 

 

基本5文型 品詞(句・節など) 一般的な日本語訳
第四文型
(S+V+O+O)
ask + 名詞1 + 名詞2 SがO1にO2を尋ねる
SがO1にO2を求めるなど

 

第四文型は「主語が何かを何かに授受する文」を作ります。

askは「モノや事柄を求める」というイメージです。第四文型に使った場合は「主語が目的語1に目的語2を尋ねる・求める」などの意味になります。

 


ask + 名詞1 + 名詞2「SがO1にO2を尋ねる・求める」など

 

 

・She asked me the time.
・彼女は私に時間を尋ねた

⇒モノや事柄を求める

・She asked him a glass of wine.
・彼女は彼にワインを一杯頼んだ

⇒モノや事柄を求める

主な訳し方としては「主語が目的語1に目的語2を尋ねる・求める」などになります。文字通り「モノや事柄を求める感覚」なので簡単ですね。

 

第五文型(S+V+O+C)

 

 

基本5文型 品詞(句・節など) 一般的な日本語訳
第五文型
(S+V+O+C)
ask + 名詞 + 不定詞(to 動詞の原型) SがOにVするように頼むなど

 

第五文型は「主語が何かを何かとみなす文」を作ります。

askは「モノや事柄を求める」というイメージです。第五文型に使った場合は「SがOにVするように頼む」などの意味になります。

 


ask + 名詞 + 不定詞(to 動詞の原型)「OにVするように頼む」など

 

 

・He asked her to marry him.
・彼は彼女に結婚を申し込んだ

⇒モノや事柄を求める

・She asked him to help her.
・彼女は彼に助けを求めた

⇒モノや事柄を求める

・She asked me to join his team.
・彼女は私にチームに加わるように求めた

⇒モノや事柄を求める

主な訳し方としては「主語が目的語に~するように頼む」などになります。文字通り「動作(モノや事柄)を求める感覚」なので簡単ですね。

 

 

こちらの表現のポイントは、目的語とto不定詞との間に「主語と述語の関係が成り立っている」という点になります。

・She asked him to help her.
・彼女は彼に助けを求めた

⇒He helps her.といった感じで主語と述語の関係

toのイメージは「目的地(到達点)」なので、そこから「~する方向へ向かわせる(使役)」といった感覚で捉えると理解しやすいですね。使役動詞を使った文は第五文型になるので、それと同じ要領です。

 

 

askを使った表現

 

 

askの用法 askの表現 一般的な日本語訳
askを使った表現 ask + A
ask 人 + A
Aを尋ねる
人にAを尋ねる
ask about + A
ask 人 about + A
Aについて尋ねる
人にAについて尋ねる
ask for + A
ask 人 for + A
Aを求める
人にAを求める
ask + to 不定詞
ask 人 + to 不定詞
~させてほしいと頼む
人に~するように頼む

 

ask + A(Aを尋ねる)/ ask 人 + A(人にAを尋ねる)

 

 

1つ目のaskを使った表現は「ask (人) + A 」です。

・He asked a question.
・彼は質問をした

⇒モノや事柄を求める(第三文型)

・He asked her a question.
・彼は彼女に質問をした

⇒モノや事柄を求める(第四文型)

askのイメージは「モノや事柄を求める」なので「Aを尋ねる/人にAを尋ねる」といった意味になります。質問する相手を明確にしたいときには「人」を入れるようにしましょう。

 

ask about + A(Aについて尋ねる)/ ask 人 about + A(人にAについて尋ねる)

 

 

2つ目のaskを使った表現は「ask (人) about + A 」です。

・She asked about the movie.
・彼女はその映画について尋ねた

⇒モノや事柄を求める(第一文型)

・She asked him about the movie.
・彼女は彼にその映画について尋ねた

⇒モノや事柄を求める(第三文型)

askのイメージは「モノや事柄を求める」なので「Aについて尋ねる/人にAについて尋ねる」といった意味になります。質問する相手を明確にしたいときには「人」を入れるようにしましょう。

 

ask for + A(Aを求める)/ ask 人 for + A(人にAを求める)

 

 

3つ目のaskを使った表現は「ask (人) for + A」です。

・He asked for a pay raise.
・彼は昇給を求めた

⇒モノや事柄を求める(第一文型)

・He asked his boss for a pay raise.
・彼は上司に昇給を求めた

⇒モノや事柄を求める(第三文型)

askのイメージは「モノや事柄を求める」なので「Aを求める/人にAを求める」といった意味になります。求める相手を明確にしたいときには「人」を入れるようにしましょう。

 

ask + to 不定詞(~させてほしいと頼む)/ ask 人 + to 不定詞(人に~するように頼む)

 

 

4つ目のaskを使った表現は「ask (人) + to 不定詞」です。

・He ask to sleep until noon.
・彼は昼まで寝かせてくれと頼んだ

⇒モノや事柄を求める(第三文型)

・He asked her to sing.
・彼は彼女に歌ってと頼んだ

⇒モノや事柄を求める(第五文型)

askのイメージは「モノや事柄を求める」なので「~させてほしいと頼む/人に~するように頼む」といった意味になります。

この表現のポイントは「ask to do=主語が~の動作を求める」なのに対し「ask 人 to do:主語が目的語に~の動作を求める」になる点です。意味が大きく変わるので注意しましょう。

 

 

askを使った熟語やイディオム

 

 

熟語・イディオム askの表現 一般的な日本語訳
ask ask about
ask for
ask 人 out
~について尋ねるなど
~を望む・~を求める・~と頼むなど
人をデートに誘う・招待をするなど

 

最後に、よく使われる「askを使った熟語」をまとめてみました。せっかくなので、例文とイラストを交えてご紹介しようと思います。

 

ask about「~について尋ねる」など

1.ask about「~について尋ねる」など

 

 

・I asked questions about the homework.
・宿題について質問をしました

⇒モノや事柄を求める

・I was asked about past experience.
・これまでの経験を聞かれました

⇒モノや事柄を求める

2つのイメージ「ask:モノや事柄を求める」+「about:ざっくり・だいたいその周り」で「~について尋ねる」などの意味になります。感覚としては「情報(モノや事柄)を求める感覚」です。

 

ask for「~を望む・~を求める・~と頼む」など

1.ask for「~を望む・~を求める・~と頼む」など

 

 

・He asked for money.
・彼はお金を要求した

⇒モノや事柄を求める

・She asked for my adviece.
・彼女は私にアドバイスを求めた

⇒モノや事柄を求める

2つのイメージ「ask:モノや事柄を求める」+「for:向かう・目の前の方向」で「~を望む・~を求める・~と頼む」などの意味になります。感覚としては文字通り「モノや事柄を求める感覚」です。

 


2.ask 人 for「人に~を望む・~を求める・~と頼む」など

 

 

・He asked me for money.
・彼は私にお金を求めた

⇒モノや事柄を求める

・She asked me for help.
・彼女は私に助けを求めた

⇒モノや事柄を求める

3つのイメージ「ask:モノや事柄を求める」+「人」+「for:向かう・目の前の方向」で「人に~を望む・~を求める・~と頼む」などの意味になります。感覚としては「人にモノや事柄を求める感覚」です。

 


3.ask for 人「人との面会を求める・人と話したい」など

 

 

・She asked for him, but he wasn’t there.
・彼女は彼を訪ねましたが、彼はそこにいませんでした

⇒モノや事柄を求める

・If he asks for me, tell him I stepped out.
・もし彼が私を訪ねてきたら、ちょっと出ていると伝えてください

⇒モノや事柄を求める

3つのイメージ「ask:モノや事柄を求める」+「for:向かう・目の前の方向」+「人」で「人との面会を求める・人と話したい」などの意味になります。感覚としては「人(モノや事柄)を求める感覚」です。

 


4.ask 値段 for ~「~を…の価格で売りたい」

 

 

・I asked 50,000yen for my guitar.
・ギターを5万円で売りたい

⇒モノや事柄を求める

・How much are you asking for your accessory?
・アクセサリーをいくらで売りたいですか?

⇒モノや事柄を求める

3つのイメージ「ask:モノや事柄を求める」+「値段」+「for:向かう・目の前の方向」で「~を…の価格で売りたい」という意味になります。感覚としては「価格(モノや事柄)を求める感覚」です。

 

ask 人 out「人をデートに誘う・招待をする」など

1.ask 人 out「人をデートに誘う・招待をする」など

 

 

・He asked her out.
・彼は彼女はデートに誘った

⇒モノや事柄を求める

・They asked me to dinner.
・彼らは私を夕食に招待しました

⇒モノや事柄を求める

3つのイメージ「ask:モノや事柄を求める」+「値段」+「for:向かう・目の前の方向」で「~を…の価格で売りたい」という意味になります。感覚としては「価格(モノや事柄)を求める感覚」です。

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回の記事では「askが使われている表現」をまとめてみました。

askは「求める・尋ねる」という意味でお馴染みですが、英語本来のイメージは「モノや事柄を求める」です。

モノや事柄を求めるイメージがあることから「質問する・依頼する・請う・頼む・招待する」などの意味にもなります。どのような意味になるかは「後ろに続く語句」によって変わりますが、以下のような傾向があります。

・ask + 情報 ⇒ 尋ねる
・ask + 行動 ⇒ 頼む
・ask + モノ ⇒ 求める

とはいえ、どのような意味になるにせよ、本来のイメージ「モノや事柄を求める」は生きているので、訳し方に迷ったらイメージを思い出して、翻訳するようにしましょう。

 

 

 

【学校では教えてくれない英語のイメージを知りたい方へ】

 

 

英語の本来のイメージを『ネイティブ感覚インストール講座』にてお伝えしております。当サイトではお伝えしていない内容も動画で配信中。  
 
オリジナル英会話教材 ⇒ ネイティブ感覚インストール講座   
 
長い間英語を勉強してきて、英単語もたくさん覚えてきたはずなのに、「英語を話す際に言葉に詰まってしまう」、そんなお悩みがある方にお薦めの講座です。ご興味のある方はぜひご覧ください。   
  
  
 
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

英語チャンネルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語チャンネルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

  • 徹底解説!carryと基本文型!よく使われる熟語やイディオムを例文で紹介!

  • 動詞「call」の意味と使い方!英語のイメージを掴んで英会話の幅を広げよう!

  • 徹底解説!findと基本文型!よく使われる熟語やイディオムを例文で紹介!

  • 動詞「want」の意味と使い方!英語のイメージを掴んで英会話の幅を広げよう!

  • 動詞「watch」の意味と使い方!英語のイメージを掴んで英会話の幅を広げよう!

  • 動詞「pass」の意味と使い方!英語のイメージを掴んで英会話の幅を広げよう!