1. TOP
  2. 脱マンネリ英会話
  3. 英語でお会計「割り勘」と「別々」は何て言う?お支払いの表現
Sponsored Link

英語でお会計「割り勘」と「別々」は何て言う?お支払いの表現

脱マンネリ英会話
この記事は約 6 分で読めます。

 

 

日本に限らず、海外でも何かのお会計時に「割り勘にしたい時」や「別々に支払いたい時」ってありますよね?

日本人同士であれば、日本語で話して折り合いをつければ良いですが、一緒にいる人が外国の方だったり、店員さんに支払方法を伝えたい時などは、英語の表現が必要になってきます。

今回は、そんな状況に出くわしたときに何と言えば良いのか?「割り勘」と「別々の支払い」の表現についてお伝えいたします。

 

Sponsored Link

「割り勘/別々」支払いを分けたい時

今回、最初にご紹介する「割り勘/別々」の表現は「Let’s split the check.」です。

こちらの表現で使われている「split」には「分ける」という意味があるので、それをそのまま使って「支払いを分けましょう」、つまり「別々にしましょう」という意味になります。

ですが、「Let’s split the check.」だけだと、「各自が別々に支払う」と「割り勘にする」という意味の両方に捉えることができるので、もし確実に「割り勘にしたい」のであれば、「Let’s split the check down the middle.(割り勘にしましょう)」や「Let’s split the check evenly(割り勘にしましょう)」などのように半分を意味する語句を付けるようにしましょう。

または、最初から「Let’s go fifty fifty. (半々で)」と言ってしまうのも良いですね。

●「Let’s split the check.」を使った例文
・Let’s split the check down the middle.
・割り勘にしましょう
・Do you want to split the bill?
・別々にしますか?/割り勘にしますか?
●「Let’s split the check.」を使った会話文
・Aさん : Let’s split the check.
・Aさん : 割り勘にしよう
・Bさん : No, it’s on me this time.
・Bさん : いえいえ、今回は私のおごりで
・Aさん : Thank you. Next time, I’ll get you.
・Aさん : ありがとう、次回は私がおごるね

 

「お会計は別々で」各自が個別に会計したい時

つづいての「別々で」の表現は「Let’s get separate checks.」です。

こちらの表現で使われている「separate」には、元々「別れた」という意味があるので、それをそのまま使って「支払いを分けましょう」という意味になります。

先程の「split」は「分ける」という意味でしたが、こちらの「separate」は「別れた」という意味になるので、最初から「別々(個別)」という意味になります。

実際、文中に使われている語句を見ると「Let’s split the check.」の方は「check」が単数表現であるのに対し、「Let’s get separate checks.」の方は「checks」と複数表現になっていますよね?そこからも「Let’s get separate checks.」が「個別の支払いで」という意味になるのが分かると思います。

●「Let’s get separate checks.」を使った例文
・Let’s get separate checks.
・別々にしましょ
●「Let’s get separate checks.」を使った会話文
・Bさん : Let’s get separate checks.
・Bさん : 別々にしましょ
・Aさん : No no, This time, I’ll get it.
・Aさん : いえいえ、今回は私がおごるよ
・Bさん : Thank you.
・Bさん : ありがとう

 

「別々で」店員さんに個別の会計をお願いする

つづいての「別々で」の表現は「We would like separate checks.」です。

こちらの表現は、店員さんに個別の会計をお願いする際の表現で、直訳すると「別々の請求書が欲しいです」という意味になります。

日本の場合、レストランなどで会計をする際にはレジでするお店が多いですが、海外では、席ごとに担当の店員さんがついているお店も少なくなく、会計も席ですることも多いです。なので、店員さんが伝票を用意する前に「We would like separate checks.(個別の会計をお願いします)」と伝えておくと良いでしょう。

●「We would like separate checks.」を使った例文
・We would like separate checks.
・個別の会計をお願いします
・Separate checks ,please.
・個別の会計をお願いします
●「We would like separate checks.」を使った会話文
・店員 : Together or separate checks?
・店員 : お会計は一緒で?別々で?
・お客 : Separate ,please.
・お客 : 別々にお願いします

 

「私の分です」あらかじめ自分の分を支払う時

つづいての「別々で」の表現は「Here’s my share.」です。

こちらの表現は、文字通り「Here’s my share.(私の分です)」と自分の文を支払いたい時に使います。シチュエーションとしては、何か用事があって「先に席を外したい時」などにも使える表現ですね。

●「Here’s my share.」を使った例文
I gotta go now.  Here’s my share.
もう行かなきゃ。これ、俺の分ね
●「Here’s my share.」を使った会話文
・Aさん : The total is 3600 yen.
・Aさん : 合計で3600円ね
・Bさん : Okay, here’s my share.
・Bさん : オッケー。これ、俺の分ね
●「Here’s my share.」を使った会話文
・Aさん : How much is my share?
・Aさん : 私の分いくら?
・Bさん : It’s 1200 yen.
・Bさん : 1200円ね

 

「動画で復習しよう」

 

いかがでしたでしょうか?

英語の辞書で「割り勘」と調べると「Let’s go Dutch!(割り勘にしょう)」というフレーズが出てくることがありますが、このフレーズで使われている「Dutch」という単語には「オランダ人」という意味があり、若干「オランダ人に対しsて軽蔑的な要素が入ってしまう」ので、最近ではあまり使われません。

なので、今回ご紹介した表現を用いて「割り勘」または「別々の会計」をしてみてくださいね。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

英語チャンネルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語チャンネルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

記事投稿者紹介 記事投稿者一覧

永沢りょうこ

永沢りょうこ

英語コーチの永沢りょうこです。中高英語教員免許保有。留学なしで英検1級 TOEIC965点!訳学校講師経験あり。初中級英会話・ビジネス英語・TOEIC対策などを指導しています。映画やドラマなどの翻訳家として培った「口語表現」や「自然な英語表現」を交え、英語だけでなく学習に対するモチベーション維持から、時間管理や体調管理まで幅広く指導を行っています。

関連記事

  • 英語で「株価暴落・急落」は何て言う?急激な落下に関する英会話フレーズ!

  • 英語で「忙しい」は「busy」だけ?状況で使い分ける4つの表現

  • 英語で「延期する」は何?状況で使い分ける先延ばしの表現

  • 英語で「美味しい」は?ネイティブが日常的に使う3つの表現

  • 英語で「除菌」は何て言う?日常英会話で使われやすい消毒の表現!

  • 英語で「自粛」って何て言う?シチュエーションで使い分ける4つの表現!