1. TOP
  2. 英語学習法
  3. 英文法の勉強法が分からない人必見!効率的な英語学習法!
Sponsored Link

英文法の勉強法が分からない人必見!効率的な英語学習法!

英語学習法
この記事は約 5 分で読めます。

 

 

あなたは英文法は得意ですか?

よく「英語を話す際には文法なんて必要ない」だとか、「英文法なんて試験のためだけのモノだ」なんて話を聞きますが、そんな事はありません。英語を話せる人も試験で高得点をとれる人も、実は意識していないだけで「英文法は英語を操る際の基礎」として働いてます。

そこで、今回は、英文法が苦手な方に向けて「英文法の効率的な勉強法」をお伝えしていきます。

 

Sponsored Link

「文法を理解していないとどうなるの?」

私の生徒さんの中にも「文法が嫌い」という方は多いですが、英文法ができていないと、英会話でも「正しい文章を組み立てることができない」ので、いざ会話になると意味のある文章を組み立てられず固まってしまう人も少なくありません。

また、当たり前ですが、TOEICなど試験においても「単語の使いどころや正しい文の組み立て方が分からない」ので、すべてのパートにおいて点数が伸び悩んでしまいますし、何より、ビジネスでのメールや電話の際にも「解釈を間違えれば誤解を招いたりトラブルのもと」になってしまったりもします。

子供の頃から、感覚的に英語に触れてきたネイティブスピーカーであれば、文法を意識的に学ぶ必要はないかもしれませんが、大人になってから英語を身に付けたい人にとっては、英文法は「意味のある英文を組み立てるための設計図」で「あらゆるシーンの英語力の基礎」になりますので、効率よく英文法を勉強して「言語の4技能(読む、書く、聞く、話す力)の底上げ」をはかっていくようにしましょう!

さて、では前置きはこの辺にして「具体的な英文法の勉強法」をご紹介します。

 

「英文法を効率的に学ぶには?」

 

1.文法書や問題集を1冊買って、最低3回繰り返す

まずは、文法の参考書や問題集を1冊入手して、最初の項目から順に見ていきましょう。できれば、解答の解説が詳しいものが良いです。必ず最初から順番に見ていくのがポイントです。

日本語でも「ひらがなを習ってから漢字を習う」のと同じで、英文法も学ぶには「それなりの順序」があります。英文法の場合は「文型や時制などの一番の土台となる法則からスタートし、徐々に発展して仮定法や関係詞などの応用的なものに積み上げていく必要」があります。

なので、ランダムに文法問題を解いたりしていても、あまり効果的とは言えません。万が一、語句の意味が分かったとしても、その文がどういう法則やルール則って組み立てられているか、英語のルールを理解していないと文全体の意味を理解するのは不可能です。

ですので、英文法の最初の項目(5つの基本文型や時制)から、1冊の参考書を自分でノートに整理して書くというアウトプット作業をして、格だけではなく声に出して読んだりして、3回くらい見直すと英文法を一通り覚えられるはずです。

 

2.問題を解いて理解度を確認する

見て、書いて、読んで、一通り理解できたら、今度は、例題や問題も解いて「理解度の確認」をします。

その際に、何度も間違える項目は「理解ができていない証拠」ですので、その文法項目の解説を再度見直します。参考書や問題集をあちこちやるのではなく、とにかく1冊を完璧にやり込むというのがポイントです。最終的には「もうこの1冊は、どこから問題を出されても、苦手なところも間違うところもない!」と言えるくらいやり通してください。何冊も浅くやるよりも「1冊を深く勉強すること」の方が、濃厚な記憶が頭に定着します。

この方法は、初心者だけでなく「久々に英語の勉強をする中級者以上の方」でも、「TOEICで900点を目指す上級者の方」でも同じです。

自分では「分かっているつもり」や「そんな簡単な項目はもう知っているよ!」と思っていても、意外なところが抜けていたりするものです。面倒くさいようですが、文法がしっかり頭に入っていれば、読解も早くなりますし、リスニングで音を聞いていても、頭から意味がとれていきやすくなり、全ての英語スキルの底上げされます。

 

私自身の経験からもそうですが、これまで英語を教えてきた生徒さんの結果からも「本気で英文法やるなら、この方法だ!」と自身を持って言えるので、「本気で英文法を勉強して英語力の底上げをしたい」と思っている方は必ずやってみてください。

 

「実際にやってみるとどうなるの?」

昔、私もTOEICを受ける前に参考書を1冊買い、繰り返し3回やりました。

確かに最初は大変だなと思っていましたが、やってみると、思いがけないところで勘違いしていて、そういうのを一つ一つ潰していく作業を続けて、ふと振り返ってみると結構な勉強量になっていて、その量を見てからは、徐々に充実感も感じられるようになりました。

何より「自分でも頑張った」と思えるくらいの量をやると自信にもつながってきます。これは、英語の勉強に限らず「何か1つのことに努力してきたことがある人」ならば、分かりますよね?

なので、最初は面倒でも、コツコツと最初の項目から見直して、最低でも3回は繰り返してみてくださいね。

 

「動画で復習しよう」

 

いかがでしたでしょうか?

英文法って、何かと「邪魔者扱いされてしまいがち」ですが、実は英語を組み立てるためには欠かせない「英語の設計図」なんです。リスニングやスピーキングなどの実践的なスキルを学ぶ上でも、英文法という「英語の土台を築いたか築いていないか」で学習の効率に大きな差が出ますので、しっかりと取り組むようにしましょう。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

英語チャンネルの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語チャンネルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

記事投稿者紹介 記事投稿者一覧

永沢りょうこ

永沢りょうこ

英語コーチの永沢りょうこです。中高英語教員免許保有。留学なしで英検1級 TOEIC965点!訳学校講師経験あり。初中級英会話・ビジネス英語・TOEIC対策などを指導しています。映画やドラマなどの翻訳家として培った「口語表現」や「自然な英語表現」を交え、英語だけでなく学習に対するモチベーション維持から、時間管理や体調管理まで幅広く指導を行っています。

関連記事

  • 英語で「楽しい」は何て言う?日常的に使える気軽な表現5選

  • 英語で「なるほど」は何て言う?場面で使い分ける日常的な表現

  • 英語で「疲れた」は?疲労度別「疲れた」の日常表現4選

  • 英語で「かわいそう」は?状況別「お気の毒」の表現いろいろ

  • 英語でサラリーマンは具体的に?間違いやすい和製英語3選

  • 英語で「たくさん」は「many / much / a lot of」だけじゃない